So-net無料ブログ作成

Bluetoothイヤホンを注文 [物欲]

英語民間試験「実施できた」 推進の専門家 | 共同通信

英語の入試改悪の元凶と、日本の英語教育を駄目にした張本人が、この吉田研作氏です。みなさん、しっかり名前を覚えておきましょう。

「けんさく」つながりですが、千葉県知事の森田健作も、だいぶ問題のある人ですね。というか、無能。

安倍政権になってから、自民党の議員はろくでもない人間しかいないことが証明されてばかりいますね。まったく政権担当能力のない政権です。大臣の人選は「適材適所」だと安倍総理や菅官房長官は言いますが、どいつもこいつも非専門家、ド素人ばかりです。先進国で、そんなド素人が大臣をやっている国なんかないでしょう。呆れます。そんなクズばかり大臣の座に据えるから、民間企業に天下りすることと国民の税金を無駄遣いすることしか考えていない官僚の餌食になってしまうのです。博士号を持っているような政治家を大臣の座にぶっこんで、悪質な官僚をバッサバッサとぶった切ってほしいです。自民党は官僚と癒着しているから、どだい無理なことですけどね。自民党を再び下野させるしか、日本が復活する方法はないでしょう。





これを注文しました。今使っている首にかけるタイプのBluetoothイヤホンは、満員電車の中で完全に音が消えてしまったり、混雑している駅のプラットフォームでぶちぶち途切れて、ストレスが溜まっていました。壊れてはいませんが、もう2年くらい使っているので、そろそろ買い替えてもいいでしょう。

同じくらいの値段で、よくわからないメーカーのもっと性能の良さそうなものもありましたが、私にはこれで十分です。ノイズキャンセリング機能がついているとかいっても、通話時に相手方に雑音が伝わらないようにする機能で、音楽を聞いているときにはなんの関係もないそうですし、さらにaccという高音まで聞けるコーデックもiOSじゃないと意味がありません。私が注文したイヤホンは、防水性もIPX4という低レベルのものです。水が少しだけはねた程度なら大丈夫という最低限の防水機能のようです。私は老人に近いので、耳も悪くなってきたし、汗だらだらになりながら、ジョギングをすることもないので、この程度で十分です。