So-net無料ブログ作成

「1人で死ね」という罵声とテロリスト的な世直し [雑感]

早朝から中間テストを2本作りました。テストを作るのも行うのも大嫌いだし、無意味だと思っているのですが、大学の権力者からそうすることを命じられているので、仕方がありません。テストほど教育に役に立たないものはないと思います。テストは教員も学生もともにうんざりするものでしかありません。

その後は、久しぶりに、日経平均株価が大幅下落していくのを横目で見ながら、ベッドで昼間っからウトウトしました。市場関係者や投資家はトランプ大統領にイライラしているようですが、後数年は嵐が過ぎるのを黙ってみているしかありません。今現在、私はまったく株式投資をしていないので(投資するほどのカネがない!)、久しぶりに枕を高くして休むことができました。

今年は大きく株価が下落して、円高が相当に進むことはほぼ確実でしょう。株価下落と円高で安倍政権が吹っ飛んでくれれば、私の気持ちは晴れるはずですが、暑苦しい「愚民たち」による政権への支持が強力なので、ゴキブリのようにしぶとく生き残りそうです。まさにゾンビ政権です。痛し痒しなのですが、株価が下がれば、ますます我々が将来もらえる年金がなくなっていくので、腹立たしい気持ちが募ります。

山本太郎氏が代表を務める「れいわ新選組」から、北朝鮮の拉致被害者の兄である蓮池透さんが夏の選挙に立候補するというニュースが飛び込んできました。蓮池さんは安倍政権に強い不信感と怒りを抱いているので、ぜひとも応援したいですね。「れいわ新選組」が台風の目になって、安倍が頼りない船頭を務めるみすぼらしい泥舟を完全に海底に沈めてくれてほしいものです。

夜、次男が修学旅行から帰ってきました。よくわかりませんが、妻はいつものように追い詰めるような口調で、入浴中の次男を糾弾していました。洗濯物がどうのこうのという話のようです。使ったものと使っていないものを仕分けしていないとかなんとかという声が聞こえてきました。妻は、どうでもいいことでいちいち腹を立てるから、ほんとうに怖いです。もっと重要なことで腹を立ててほしいものです。

腹を立てると言えば、先日起きた登戸の大量殺人事件に関して、立川志らく師匠がワイドショーで「死にたければ、1人で死ね!」とコメントしたそうで、それがマスコミで炎上しているとのこと。

おそらく昼間からテレビを見ているような無教養な人にとっては、志らく師匠のコメントは共感できるものかもしれません。しかし、NPO「ほっとプラス」の藤田孝典代表理事は、自殺を助長するような意見は避けてほしいと述べたそうです。至極まっとうな反論です。

志らく師匠は、残念ながら、彼の師匠の立川談志とは違って犯罪者の気持ちを理解できないのでしょう。悪魔の気持ちがわかってたまるかとも言ったそうです。偉そうな言い方ですが、そこが噺家としての彼の限界かもしれません。志らく師匠には談志師匠を超えることは絶対にできないでしょう。私は志らく師匠を1990年代から応援していたので、ひどく残念に思います。

話を戻しますが、あの事件の犯人は自分1人で死んでも意味がないという考えに至ったからこそ、大量殺人を犯したのです。同種の事件は世界各国で起きています。これはまさに「テロ事件」なのです。テロ事件を起こした犯人に向かって、「1人で死んでくれ」などと言うジャーナリストは平和ボケした日本以外の国ではただの1人もいないでしょう。世界的な文脈では理解不能ですし、あまりに幼稚すぎます。

犯人のメッセージは具体的にはわかりませんが、世の中に対する不満が原因のような気がします。もし犯人が私と同じような感情を抱いて、その感情を抑圧できないほど追い込まれてしまったのだとしたら、私は犯人に対する同情を禁じえません。

私が自殺するのであれば、私にもやはり社会的にインパクトを与えたいという気持ちがあります。私も1人で死んでも意味はないと考えます。1人で死んでもただの「犬死」になります。「戦場」において手柄を立てることの意味は、自分の敵を一人でも多く殺すことです。孤独に苦しむ犯人にとって、社会は戦場であり、そこには自分にとっての敵なのです。自分の味方が全くいない弱肉強食の無慈悲な社会では、自分以外の人間は全員が敵なのです。その敵を殺すことは、自分にとっての手柄ですし、自分が生きた証拠になります。そのためにはできるだけ多くの敵を殺害することが重要です。それこそがテロリストにとって唯一の「生きがい」なのです。

「死にたいなら1人で死ね」という言葉は、この手のニュースを見聞きするたびに、よく私の上の世代が言ったものですが、よく考えれば、あまりに愚かしい発言です。実際に死んだ人に向かって、いまさら「1人で死ね」と言ってもまったく意味がありません。少なくとも犯人の耳には届きません。犯人に対する怒り恐怖を忘れたいと思っている愚民たちの心には響くのかもしれませんが、この発言は論理的に破綻していますし、この手の事件の根本的解決に一切つながらない無意味で無慈悲なものです。

死んだ人に向かって罵声を浴びせて、「愚民たち」をなだめるより、志らく師匠には、生きることに虚しさや苦痛を感じている我々のような弱者に対する共感の言葉をかけてほしかったです。さもなければ、社会に対する漠然とした不満や怒りが暴力的な形で爆発する事態を繰り返すことになるでしょう。根本的な解決とは、もちろん社会を融和的にすることです。

犯人が殺害した小学生はカリタス小学校に通う子どもたちでした。カリタスとは、チャリティー(慈善)の語源となったラテン語です。つまり、それは神の愛、アガペー(慈愛)、慈悲の心のことです。したがって、犯人は、カリタスを建前とする人々を殺害することで、カリタスとは何かを再考することを要請したのかもしれません。まさに、犯人が生き残った者たちに残した「テスト」です。

孤独な犯人に対しては無慈悲な言葉を投げつけながら、一方の被害者の気持ちのみを考えて、偽善の涙をこぼすことが本当にカリタスなのでしょうか。そんな嘘っぱちな社会に警鐘を鳴らすために、犯人は、大量殺人に踏み切ったと考えるべきであり、その考えに従えば、志らく師匠の発言は、あまりに的はずれなものです。そういう事情がわかっている諸外国では、志らく師匠のような幼稚な発言はまず聞かれません。「1人で死ね」という「呪い」の言葉は、社会から孤絶した人をさらに深刻な孤独へと追い込むだけです。「結局、社会は弱者を助けてくれないんだ。じゃ、そんな社会で幸せそうに暮らしているやつを、片っ端から殺してやる」などと殺意を煽ってしまいます。

もしかりに私が自殺するのであれば「爆死」を選びます。同胞である弱者をターゲットにすることはありません。私の敵は、弱者をよりいっそう弱者に突き落とすことを仕事にしている権力者です。具体的には、霞が関と永田町に飛行機で突っ込んで破壊してやりたいと思います。それこそが「世直し」だと私は信じています。いや、権力者たちのふるまいのよって、私はそう信じさせられているのです。しかし、残念ながら、私には、ビン・ラディンが指揮した「神風特攻隊」になるスキルも資金もありません。もちろん、孤独な私には私に協力してくれるような人間もいません。したがって、霞が関と永田町を爆破することは不可能です。

ゆえに、いまは困窮状態と将来の不安に耐え、鬱屈した気持ちをぐっと抑えながら、「愚民ども」(誰のこと?)の啓蒙活動を続けつつ、弱肉強食を是とする新自由主義が終焉し、日本が社会主義化する日が来ることを願うだけです。しかし、その前に、私が棺桶に入る日が先に訪れそうです。いや、無慈悲な社会では、孤独な私には安物の棺桶すら用意してもらえないかもしれません。


Ireland's Favourite Folk Song | RTÉ One [音楽]




















共通テーマ:音楽

リサイクルは環境に悪い! [雑感]

CNN.co.jp : 「不法輸入」ごみ450トン、日米などに返送 マレーシア

私はプラゴミを燃えるゴミとして捨てています。プラゴミがリサイクルされていないことは20年以上前から知っていましたし、リサイクルする場合でも、かつては中国へ、いまは東南アジアへ送りつけているだけということも知っていました。

日本人は途上国をゴミ捨て場にすることをリサイクルだと思いこんでいるのです。クソ野郎たちです。
ゴミは燃やして熱に変えれば、お湯が沸かせます。そのお湯を温浴施設に使えるし、また蒸気でタービンを回して発電もできます。なぜプラゴミを燃やさないのかわかりません。ダイオキシンなど現在の高性能の焼却炉ではほとんど出ませんし、発がん性物質なんて含まれていないそうです。

ただちにプラスチックごみのリサイクルは止めるべきです。

レジ袋を止めても大した効果は出ないのですから、有料にするのは止めるべきです。レジ袋は役に立つのです。むしろペットボトルの販売をやめ、発泡スチロールのトレイを使わないようにすべきです。





食うことだけが楽しみ [料理]



共通テーマ:グルメ・料理

空っぽで空回りな生活 [雑感]

朝からピアノを1時間半ほど練習していました。私が演奏すると、どんな曲でも寂しく陰鬱に響きます。そんな演奏を聴いていると、次第に生きていることが虚しくなってきます。今朝はシューベルトの「アヴェ・マリア」を最後にして、練習を終えました。このままだと仕事にも行く気力が失われ、最後には生きる気力も完全に失われてしまいそうです。

妻はこれから一人暮らしをしている大学生の長男のところに行くそうです。生存確認に行くのでしょう。次男は修学旅行で、朝の5時頃に家を出ていました。外人だらけの京都の町をモロッコを旅する人のように彷徨うことになるのでしょう。私は午後から仕事です。未来のない青年たちのお世話をして帰ってくるのは夜8時。その後、一人の夕食を食べる予定です。おそらく冷凍庫の中で、カチカチに固まった餌を電子レンジで温めてひとときの空腹を満たすだけでしょう。まさに死ぬことだけを楽しみにしている独居老人の空っぽな生活です。こうして私は誰にも相手にされなくなって、死んでいく運命なのです。

他人を道連れにして自殺をした51歳の男のニュースが日本全国を駆け巡っているようです。年齢が近いせいか、私には容疑者の気持ちがわかる気がします。おそらくマスコミは、容疑者がどんなにひどい男だったかと言い立て、殺された人たちの気持ちを考えると無念でならないなどと、無意味なことをほざいて、時間を潰す(kill time)のでしょう。

「安倍(征夷大)将軍」は、一般市民の恐怖や不安を取り除くためにできることはなんでもしろと、彼と同じくらい無能な「家臣」に命じたそうです。おそらく、彼らは何もするつもりはないでしょう。その理由は明白です。

この手の犯罪の原因は、すべて為政者(権力者)の側にあります。現在の為政者は、貧富の差をよりいっそう拡大させ、弱者をより弱者へと突き落とし、地獄の底から這い上がれないのは、自分の能力が低いせいだ、努力が足りないからだと思い込ませ、不安に苛まれるだけの生活を送ることを人々に強制するのが仕事だと思っています。そうしておけば、自分たちの仕事が保証されると思っているのです。国民がみな幸せになったら、彼らはまっ先に不必要な存在になってしまいます。そんな性根の腐った為政者たちは、自分たちが生き延びるために、国民の不幸をつねに見て見ぬふりをします。

したがって、このような事件は定期的に繰り返されます。アメリカは銃社会ですから、銃を使った大量殺人が発生し、「ものづくり大国」(?)日本では、切れ味の鋭い包丁やトヨタのプリウスを使った大量殺人が起きます。このような大量殺人を食い止めるための対処療法は、包丁を禁止にすることとプリウスを販売することを止め、人を外に出ないようにすることです。もちろん、そんなことはできるはずがありません。

だからこそ、我々はみな危険と不安に襲われながらも、「空っぽで空回りな生活」に耐えられるだけの能力を虚しく鍛え続ける必要があります。

その能力がある者だけが生き残れる社会を作り上げた為政者たちに乾杯!

お前らこそ、死ね!

年収500万円は「普通の男」じゃない 婚活分析アドバイザーが指摘 - ライブドアニュース

年収500万円がふつうであるのは先進国の話。日本は政治家たちが「衰退途上国」にしてしまったのですから、夢も希望もないのです。現実的な平均年収はこれから200万円から300万円に下がります。もはや死ぬか、生活保護を受けたほうがマシなレベルですね。これを食い止めるには、自民党を木っ端微塵に破壊することしかありません。

卒業写真/荒井由実(ピアノソロ中級) [音楽]



いかようにもアドリブが効く素晴らしい曲ですね。まさに名曲です。自分で弾いていて泣けてきました。

共通テーマ:音楽

安倍麻生は犯罪者 [雑感]



外需も内需も恐ろしく冷えて、日本企業のファンダメンタルズもボロボロ。それにもかかわらず、消費税を増税するのなら、リーマンショック級の危機を日本が引き起こし、安倍・麻生は日本経済と国民生活を破壊した犯罪者として歴史に名を残すことになる。



安倍麻生が日本の資本主義を破壊する。バカにもほどがある!

自爆テロリストの気持ちが [雑感]

まあ、なんというか、アレですな〜
アレはアレですからね。
そういうわけなんで、もうご勘弁を。

今日もわざと車道側に出て車に轢かれようとしたのですが、車のほうがうまくかわしてくれて、死ねませんでした。

夢も希望もない暗黒の人生を終わらせるためにひそかに努力しているのですが、なかなか思い通りにはいかないものです。

そういうわけで、今晩も、バッハをピアノで弾きながら、今晩にでも神のもとに行けるようにとお祈りしています。

もう現世にはもううんざりです。この頃は自爆テロリストの気持ちがよくわかるようになりました。

むろん、自殺を煽っているわけではないので、勘違いしないでくださいね。

空気が読めないバカは私より先に死んでください。

ある残酷な一文が表す、アメリカの悲惨なまでの貧富の差 | BUSINESS INSIDER JAPAN

金余りのバブルの時代に、日本はアメリカを買って、属国にしておけばよかったですね。


マスコミが「アレ」なんでしょうね。 [雑感]

金融庁が「年金に頼らず将来は自助が必要」と発表 多くの若者の怒りを『おじさん』が絶叫! – grape [グレイプ]

年金は税金だったってこと?

トランプ大統領がツイッターで、安倍首相の国民騙す“関税密約”暴露!「日本の7月の選挙が終われば農業で大きな数字」|LITERA/リテラ

どうして日本を戦勝国のアメリカに売り飛ばす安倍政権を日本国民が支持し続けているのか、私には全く理解できません。日本人は権力者に対して怒りの感情を抱くことを忘れてしまったのでしょうか。

やはり、偏向報道しかしないマスコミが「アレ」なんでしょうね。(今回は暴言を避けました。)マスコミの態度は、いつも必ず、面白ければそれでいいとか、イジメの材料が見つかったから俺も火をつけに行ってやろうというものですから、クラスのイジメっ子と同じです。イジメっ子と言っても、ボスに張り付いているだけの、コバンザメみたいなイジメっ子で、一番タチの悪いやつです。まさにスネ夫ですね。安倍晋三以下ほぼすべての日本国民が、そのタイプに思えます。私は違いますけど。

暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛|日刊ゲンダイDIGITAL