So-net無料ブログ作成

便利な商品:ゴリラテープと三線じなん弦 [物欲]



ホームセンターで見かけました。いいですね。水に強いテープは、洪水で浸水しそうなときに、玄関ドアからの水の浸入を防ぐことができるかもしれません。買っておこうかな。



三線の弦交換は至極めんどうなので、こういうアイデアはいいですね。でも、ちょっと高いかな。


Bluetoothイヤホンを注文 [物欲]

英語民間試験「実施できた」 推進の専門家 | 共同通信

英語の入試改悪の元凶と、日本の英語教育を駄目にした張本人が、この吉田研作氏です。みなさん、しっかり名前を覚えておきましょう。

「けんさく」つながりですが、千葉県知事の森田健作も、だいぶ問題のある人ですね。というか、無能。

安倍政権になってから、自民党の議員はろくでもない人間しかいないことが証明されてばかりいますね。まったく政権担当能力のない政権です。大臣の人選は「適材適所」だと安倍総理や菅官房長官は言いますが、どいつもこいつも非専門家、ド素人ばかりです。先進国で、そんなド素人が大臣をやっている国なんかないでしょう。呆れます。そんなクズばかり大臣の座に据えるから、民間企業に天下りすることと国民の税金を無駄遣いすることしか考えていない官僚の餌食になってしまうのです。博士号を持っているような政治家を大臣の座にぶっこんで、悪質な官僚をバッサバッサとぶった切ってほしいです。自民党は官僚と癒着しているから、どだい無理なことですけどね。自民党を再び下野させるしか、日本が復活する方法はないでしょう。





これを注文しました。今使っている首にかけるタイプのBluetoothイヤホンは、満員電車の中で完全に音が消えてしまったり、混雑している駅のプラットフォームでぶちぶち途切れて、ストレスが溜まっていました。壊れてはいませんが、もう2年くらい使っているので、そろそろ買い替えてもいいでしょう。

同じくらいの値段で、よくわからないメーカーのもっと性能の良さそうなものもありましたが、私にはこれで十分です。ノイズキャンセリング機能がついているとかいっても、通話時に相手方に雑音が伝わらないようにする機能で、音楽を聞いているときにはなんの関係もないそうですし、さらにaccという高音まで聞けるコーデックもiOSじゃないと意味がありません。私が注文したイヤホンは、防水性もIPX4という低レベルのものです。水が少しだけはねた程度なら大丈夫という最低限の防水機能のようです。私は老人に近いので、耳も悪くなってきたし、汗だらだらになりながら、ジョギングをすることもないので、この程度で十分です。

新しい防犯カメラを注文 [物欲]

アリエクスプレスからの郵便物が届かないので、我が家の防犯カメラをチェックしてみました。すると、記録が残っている映像は2012年のものだけでした。まったく役に立っていませんでした。その間、防犯カメラはダミーとしてしか機能していなかったわけです。

我が家の防犯カメラは7年以上も前に私が取り付けたものです。30万画素ですから、今となってはおもちゃ並の性能です。時代遅れも甚だしいので、今回思い切って買い換えることにしました。

アマゾンで調べてみると、今の低価格帯の主流は200万画素から300万画素のようです。およそ10倍です。少し高い気もしますが、私は500万画素のものを選び、MicroSDカードも128GBのものを合わせて発注しておきました。

MicroSDカードは来週に到着する予定ですが、本体は週末には取り付けられるはずです。

割引もあったので、8500円ほどで済みました。防犯カメラには、確実に犯罪の抑止効果がにあると思います。

このカメラはWi-Fiにもつながるので、パソコンやスマホで映像を確認することもできるので、カメラの向きの設定が楽だと思います。








共通テーマ:住宅

HP Pavilion 13もなかなかいいですね [物欲]

HP Pavilion 13-an0000 製品詳細・スペック - ノートパソコン | 日本HP

ノートパソコンはあと数年は買わないことに決めたのですが、今買うなら、このモデルは手頃で良いですね。

価格は73,440円(税込)。Office 2019 Home&Businessをつけても88,560円。

分割手数料は36回まで無料。36回払にすると、ひと月あたり2,460円で済みます。

同じレベルのものをMacで求めると、20万円くらいになりそうです。

私は年々貧しくなっているので、次からはMacBook購入はありえません。バタフライキーボードの使い勝手の悪さや、ロングスリープ明けのフリーズや起動の遅さには堪忍袋の緒が切れそうです。ポート類を省略していい気になっているミニマリズムも私の性格に合いません。

HP Pavilion 13のスペックはこんな感じ。

第8世代core i5
8Gメモリ
SSD 256GB
最大駆動時間10時間半
重さ1.26kg
iSPパネル
ファーストチャージ
指紋認証ログイン
HDMIポート付き
Big & Olfsenの上質サウンド

消費税が上がったところで、2%ですから、10万円で2000円の負担増です。急いで買うのはバカバカしいですね。2年くらい待てば、その2000円分以上にスペックが上がっているはずだし、2年買い控えしたら、その間の使用時間を考えると、2000円以上の得になります。

消費税増税で一気に不況になるのは目に見えています。安倍政権の意向に反して、ものが売れなくなってデフレが加速するのは必至です。

海外では「導入してはいけない。うちは本当はやめたいんだ」と言われ続けてきた軽減税率制度も複雑すぎて、消費者が混乱するだけではなく、その他諸々の制度改革で、中小の店がバタバタ潰れることになるでしょう。

これまで数々の失政を行ってきた無能な自民党に対する反発が国民の間で強まり、いよいよ政権交代が実現するかもしれません。さもなければ、地獄が待っていることになります。

しかし、日本国民は政府に騙されれば騙されるほど政府を支持するマゾヒスティックな傾向が強いので、その可能性はやはりゼロでしょう。地獄落ち決定!


共通テーマ:パソコン・インターネット

川越のビール [物欲]

th_IMG_20190914_200537.jpg

そうそう水虫は治りました。4日ほどで。

手前に写っているのは昨日サイボクハムで購入した川越の地ビールです。スーパーでも販売されている有名なビールですね。(埼玉だけ?)。これはcoedo 毬花(Marihana)という名前です。息子が買ったのは青いラベルの「瑠璃」。名前で選んだみたいです。息子はまだ開けていないので、どんな味がするのかわかりませんが、こっちの毬花は香りがいいです。

th_IMG_20190914_200730.jpg

裏面を見ると、小さな字で「シトラスを想わせるアロマ」と書かれています。シトラスかどうかはわかりませんが、爽やかな気分にさせてくれます。

久しぶりにビールを飲みました。ほぼ飲めない体質なので、ふだんはまったく飲みませんけど、酒好きの息子につられて買ってしまいました。

息子は昨日の山登りで筋肉痛だそうです。私も少し筋肉痛です。ジョギングをやっていた頃は、いや昨年まで、山登りごときで筋肉痛になることはありませんでした。富士登山の後もふつうに歩けました。あまりの運動不足にショックを受け、今日はポタリングに行きました。出かけるときは小雨が降っていたのですが、途中で太陽が出てきたので、レインジャケットを脱いでペダルを漕ぎました。以前だったら、軽くジョギングしていたんでしょうけど、なんだか情けないです。いまは走れそうな気がしません。

昨日、MacBookの電源のパーツが壊れてふたたび充電できなくなったのですが、念のためショップにメールをしてみました。6ヶ月保証だったからです。どういう保証なのか知りませんが、ただで新しいパーツを送ってくれることを祈っています。すでに注文した2つのパーツが届いたら、3つになってしますね。アップルに修理を頼んだら、おそらく3万円はかかるでしょう。ばかばかしいです。パーツは1つ1000円強ですから、3つでも3000円強です。

いまDELLでは半期に1回の大セールをしていますね。17%引きになるそうで、8万円も出せば、最新機種のノートPCが購入できます。最新の第10世代のcore i7でSSD搭載の15インチがですよ。私のMacBook12インチ(2016)は起動があまりに遅くて、いま使っている9年前のMacBookPro (2010)と変わりません。というか、MacBookのほうが2倍遅いのです。しかも、ロングスリープ明けはほぼ確実にフリーズするのです。MacBook Proはそんなみっともないことにはなりません。細かい不満を言えばきりがないくらいです。今年は新しいのを買うつもりはありませんが、来年にはWindowsパソコンを買おうかと思います。

購入:トレールフライヤー リールアジャスト Men's [物欲]

th_IMG_20190825_120249.jpg

昨年のふるさと納税でモンベルポイントを5000円分還元してもらいました。何を買おうかずっと迷っていたのですが、12月の失効期限が迫ってきたし、10月の消費税増税も控えているので、使うことにしました。

この数週間、私が買うべきものはないだろうかと検討し、最初はウィックロンのTシャツ2枚に当てようかと思ったのですが、登山用のベースウェアはすでに持っているので、今すぐにはいりません。結局、登山靴を購入することにしました。数ヶ月前に、10年近く使っていたメレルの登山靴を廃棄したからです。廃棄したのは、当然ですが、経年劣化のためです。富士登山のあと、アウターソールが剥がれてきているのに気づき、ゾッとしました。登山中に、靴底が剥がれたら、裸足で下山することになる羽目になっていました。家に戻ってから、ソールは100均で買った専用ボンドで一旦は修繕しましたが、経年劣化は止められません。修繕しても無駄でしょう。さらにサイズが大きすぎて自分の足に合わず、下山道でつま先が痛くて大変な思いをしたので、その恨みもあったわけです。

今朝、改めてモンベルのオンラインサイトで検索し、良さそうなものを発見しました。靴の名前を記憶して実店舗に足を運んだのですが、結局、別の商品を購入してしまいました。買おうと思っていたものよりも2000円以上高くなってしまいました。

モンベル | オンラインショップ | トレールフライヤー リールアジャスト Men's

買う前に、店に置いてある試着用の「ステップ」(岩場と木の階段を再現してあるやつ)を何度も登り降りしてみました。試しに1サイズ小さめの別の靴を履いてみたのですが、上りは大丈夫でしたが、下りで明らかにつま先が当たって痛くなりました。まさに下山時に感じていたあの痛みです。試し履きは重要ですね。

その後、接客中だった店員さんを呼んで、足のサイズも測ってもらい、相談の結果、これを選んだというわけです。ふだん履いている靴よりも1センチ大きいのがいいと店員さんはおっしゃっていました。1.5から2センチ大きめのほうがいいと言う人もいますが、ブランドにもよるのでしょうね。私はその意見を信じて、1.5センチ大きいもの(件のメレルのトレッキングシューズ)を通販で買って失敗しました。

今回モンベルのローカットモデルのトレッキングシューズを選んだのは、コストパフォーマンスの問題もあります。登山というものは、行けても年に数回程度でしょう。10年間で10数回しか履かないとなると、極めてコストパフォーマンスが悪いです。特に、ミドルカットであると、普段履きにはできません。というわけで、ローカットのモデルにしました。ミドルカットは、足首が固定されるので、捻挫予防にはなるのでしょうが、けっこう歩きにくいものです。このモンベルのモデルはアウターソールのグリップ力が高いことが売りなので、雨の日はこれを履いて犬の散歩をしたいと思います。

最初、リールアジャストシステムなんかいらないと思っていたのですが、いちいち紐を結んだり解いたりする手間がかからないので、楽ですね。ボタンの部分が少し飛び出しているので、草木や鎖に引っかかるのが心配ですが、ボタンがぶつかるくらいなら、自分の踵も擦り傷を作るくらいになる感じでしょうから、杞憂かもしれません。

帰ってきて、よく見たら、このシューズはGORE-TEXではないことに気づきました。当初買おうと思っていたもの(GORE-TEX)より値段が張るので、GORE-TEXであることを疑いませんでした。もしかしたら足が蒸れるかもしれませんが、登山用の厚みのある靴下を履くので大丈夫でしょう。

モンベル | オンラインショップ | レラパック 30

ついでに、モンベルショップで、バックパックも見てきました。これは971gとそこそこ軽い上に、背中に風が抜ける設計になっています。汗が背中に張り付くと非常に不快なので、これはいいですね。

私が日常使いにしているバックパックは25Lのものですが、登山用だと小さく感じます。昨年の富士登山(山小屋泊)にはそのバックパックにぎっしり荷物を詰めて行きました。もう1サイズか2サイズ大きめのもののほうがよいことはわかっていましたが、予算的な問題で諦めました。なんとかなりましたが、ジップロックに荷物を入れて空気をしっかり抜いて、持っていったのですが、それでもぎゅうぎゅう詰めだったので、荷物が取り出しにくかったです。

モンベル | オンラインショップ | 日本最高峰・富士山に登ろう! ―富士山(夏)登山装備ガイド―

上記サイトでは、富士登山の場合、25Lから30Lが目安と書いてあります。山登りが好きな人は40L以上のものを持っていることが多いようですね。

昨日、長男が一旦大学に戻りました。夏休みの集中授業に出るのだそうです。9月になったらまた戻ってくるので、そのとき一緒に山登りに行こうと思います。

両神山(標高1,723m)、雲取山(2,017m)、甲武信ヶ岳(2,475m)、金峰山(2,599m)あたりを狙っています。いずれも日本百名山です。数年かけて、すべて登れればいいかなと思っています。

th_IMG_20190825_124239.jpg

この金具は、リールアジャストシステムの修理に使うもののようです。なくさないように靴箱にしまっておきます。

バカほど「バタバタ」「要するに」と言う [物欲]

バカほど「バタバタ」「要するに」と言う | プレジデントオンライン

中川淳一郎さんの周りにはそういう人が多いのかもしれません。

私はこの中の「要するに」以外は使いません。

「要するに」も、簡潔に言うと、要約するとの意味で使っていますから、中川さんからバカ認定されることはなさそうです。

「朝イチ」とか「アジェンダ」とか「検討します」とかも使いません。たしかに、頭の悪い人が使いそうな言葉ですね。

マキタの布フィルタ [物欲]

マキタの布フィルタが届きました。

th_IMG_20190322_105102.jpg

さっそく取り付けました。昨日届いたばかりの日立工機のクリーナーです。

th_IMG_20190322_105425.jpg

標準付属品のプレフィルタ(紙フィルタをサポートするプラスチックのもの)をすぽっと外して、この布フィルタと差し替えるだけです。

このあと、掃除をしてみました。使い心地はいいです。たまったホコリを払うときに、フィルタの取付口と掃除機本体との円周状の隙間にゴミが溜まっているのはブラシを使わないと取れないのですが、水色の布フィルターの部分にくっついている綿ゴミはパタパタっと軽く叩けばきれいに落ちるので便利です。

マイナスポイントは、ヘッドの部分がローラーになっていないので抵抗を感じるのと、ごみを捨てるときに、一回一回掃除機を分解して、ゴミ箱の上でパタパタと塵払いをしなければいけないので、ちょっと不潔な感じがします。

全体的には、満足度は高いです。吸引力も良いし、バッテリーの持ちも良いし、軽いので持ち運びも楽です。思いついたときに、さっと手にとって掃除をすることができます。特に階段掃除には最適でしょう。よく、駅の階段で、おじさんが白い掃除機を持って掃除している光景を目にしますが、なぜあのタイプの掃除機を使っているのか、使ってみると、よくわかります。

バッテリーは、電動工具用のリチウムイオンバッテリーです。家にインパクトドライバーなど電動工具のバッテリーが余っているのであれば、購入をおすすめします。一般家庭でDIYの電動工具を毎日使う人はいないでしょうから、リチウムイオンバッテリーを有効活用できます。マキタの電動工具を持っていればマキタの掃除機、日立工機の電動工具なら、日立工機の掃除機を選ぶことになりますが、どちらでも差はないでしょう。

思い出しましたが、この掃除機は置き場所に困ります。自立性が悪いので、立てかけるには、フックやらなにやら道具が必要です。ネット検索すると、みなさんお困りのようです。一番安定性が良いのは、横にすることですから、ソファーの下に隠すのが良さそうです。


共通テーマ:住宅

日立工機のハンディクリーナーが到着 [物欲]

日立工機のハンディクリーナーが到着しました。さっそく開封して使用してみました。

th_IMG_20190321_184909.jpg

新社名のHiKOKIってヒコーキみたいですね。

th_IMG_20190321_185006.jpg

th_IMG_20190321_185044.jpg

持ちやすいです。

th_IMG_20190321_185137.jpg

分解してみました。

th_IMG_20190321_185359.jpg

th_IMG_20190321_185416.jpg

全体的に安っぽいですけど、見た目よりも性能が重要です。
th_IMG_20190321_185425.jpg

ここに細いノズルを差し込めるのはいいですね。

th_IMG_20190321_185452.jpg

この部分にバッテリーを差し込みます。

私が使っている日立工機のインパクトドライバーのバッテリーがちゃんと使えました。

実際に階段を掃除してみました。楽に掃除ができますし、きれいになります。

ただ、ゴミ処理がきたならしいですね。

セットで付いてきたものは、使い捨ての紙フィルター1枚ですが、すぐに目詰まりしてしまうそうです。ということなので、アマゾンで、この掃除機を買った人はこれも買っていますとおすすめされたマキタの高性能フィルターも注文してみました。日立工機純正のものよりも評判が良いようです。ヨドバシのほうが安いので、ヨドバシに注文しました。


HiKOKI(日立工機)のコードレスクリーナー [物欲]

HiKOKI(日立工機)のコードレスクリーナーの購入を検討しています。

私が持っている日立工機のインパクトドライバーのバッテリー(BSL1415S)がそのまま使えるとのこと。インパクトドライバーというものは、1ヶ月に数回程度しか使わないものなので、使用していないバッテリーを有効活用できます。

現在、我が家ではパナソニックの5年前のものを使っています。ふつうの100Vのコード式なので、3階建ての階段掃除は大変です。乱暴な妻は壁に掃除機をボコボコぶつけるので、壁の角のところがガタガタになってしまいました。それを隠すために、クッションやプラスチックを貼り付けています。掃除機本体も傷だらけです。

以前、評判の良いマキタのコードレスクリーナーの購入を検討したのですが、バッテリーが日立工機のものと互換性があるのかどうかわからなかったので、買いませんでした。

掃除機を出すのが面倒なので、私はめったに使っていません。通常はクイックルワイパーのコピー商品を使って掃除をしています。水分の含まれたシートを使うと、ホコリや犬の細かい毛がきれいに取れるように思ったのですが、けっこう隅に黒い塊を残してしまいます。それだったら、最初から掃除機で吸ったほうがよいような気がします。

先日、実家に帰ったら、母親がダイソンの充電式のハンディクリーナーを購入していました。よく4万円くらいで販売されているものです。

うちはそんな高額なものを買う経済的余裕はないので、6000円くらいのもので我慢する必要があります。





追記:

ということで、購入しました。

我慢しないことにします。