So-net無料ブログ作成

Violin Piano Chaplin Keaton Limelight [映画]



チャーリー・チャップリンとバスター・キートン。

共通テーマ:映画

Watusi! [映画]


ピーター・フォンダが亡くなった! [映画]

Peter Fonda, star of Easy Rider, dies aged 79 - BBC News

ピーター・フォンダ死去のニュースを知りました。日本の新聞のウェブ記事ではかなり軽く扱われているのが残念です。自分でもよくわかりませんが、私は衝動的に『イージー・ライダー』の中の主題曲であるステッペンウルフの"Born to be Wild"のピアノのチュートリアルを探して弾いてみました。いかんせん、ピアノに合う曲ではありませんでした。やはり反体制的なロックはピアノよりエレキギターのほうが合いますね。

ピーター・フォンダは『イージー・ライダー』の主役の一人で、かつプロデューサー兼作家でした。したがって、映画のコンセプトには、彼の思想が色濃く反映されていると見るべきでしょう。

映画の中で、ピーター・フォンダは友人のデニス・ホッパーとともに、「自由」を求めて、ハーレーダビッドソンにまたがり、アメリカ大陸を横断します。青年たちは、現代文明、および権威と権力を批判し、ありのままの自分を受け入れることを体現したような長髪のヒッピースタイルのまま、保守的な地域を旅します。途中、クレージーな弁護士(エスタブリッシュメントのはずなのに!)のジャック・ニコルソンを拾い、一緒に気ままな旅を続けます。しかしながら、最後の最後に、そんなヒッピーのライフスタイルを受け入れることができない南部の野蛮人(!)に彼らは銃殺されてしまいます。この有名なアンチクライマックスの唐突なエンディングに、映画を観る人はだれもが度肝を抜かれることでしょう。

アメリカは、「本当は自由の国ではなかったのだ」と当時、この映画を観た日本人は思い知ったはずです。日本における「ムラ社会」の状況ににもそのまま当てはまりそうな怖い映画です。そして、このエンディングは権力と暴力の象徴であるアメリカの銃社会への批判にもなっています。

上掲のウェブサイトに、ピーター・フォンダの言葉が再録されています。

On his website he said: "Part of my lifestyle you should all remember is having fun. Being funny is a big part of it. After all, if one is in tune, funny is the tune to play. Giving laughter is more fun than giving advice. Giving laughter while giving advice is the jackpot."


「アドバイスをするより、笑わせるほうが楽しいことだ。笑いがアドバイスになっていたら、もっと素晴らしいことだよ」という言葉は素敵ですね。要するに、ピーター・フォンダが言いたいのは調和と笑いが大切だということです。晩年、彼が環境問題に取り組んだ理由が私にはよくわかります。

われわれが暮らしている現代社会は、対立と怒りに満ち満ちています。日々、人々はメディアを通して、争いと憤りを煽る言論に晒されています。すでにそんなネガティヴな素材に触れることに麻痺している人もいるでしょうが、実際は異常事態です。

自然との対立、他者との対立など、さまざまな対立を突き動かすエネルギー源が怒りなのです。怒りを鎮める力は、われわれを支配する現代文明にはもはや存在していないように思われます。では、どこにあるのでしょうか。答えは、『イージー・ライダー』を観れば、わかるかもしれません。

主題歌の"Born to be Wild"とは、「俺たちはもともとワイルドな生き物なんだ。野性をもって生まれてきたんだぞ」という意味です。野性というのは、銃が象徴するような暴力、圧力、権力、排除、排斥とは違います。彼らを射殺した南部人のような野蛮さとは無縁のものです。それは自然との調和ができる能力を意味します。自然環境との調和があれば、自ずと、怒りではなく、笑いが生まれるものです。それがヒッピー文化の真髄です。

前回の参議院選挙で、山本太郎が代表を務める「れいわ新選組」が選んだ候補者の中に、東京大学教授の安冨歩さんがいました。彼は、東京の町中にたくさん馬を配置し、偽物の自然であふれた東京に、本物の自然を取り戻そうと訴えていました。びっくりするメッセージです。馬市が立つ町で生まれた私にはそのメッセージは強く響きましたが、おそらく、彼のメッセージを理解する能力のある人(!)は、いまどきの日本人の中では1万人に1人くらいでしょう。もしかしたら、10万人に1人かもしれません。いや100 万人の1人かもしれません。

それくらい、われわれは現代文明に毒されているのです。『イージー・ライダー』を観て、ステッペンウルフの"Born to be Wild"を聞きながら、地球の未来を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

余談ですが、私は、暇すぎて、ようやく心が取り戻せてきたような気がします。忙しいというのは、「心」を「亡」くすと書きます。私はいま暇を持て余しているので、楽しいです。ちなみに、schoolの語源は、暇ですからね。暇は学ぶ時間になるのです。ということは、忙しくて暇がないということは、心を失ってしまうだけではなく、さらに何も学べないないという意味なんですね。怖いですねえ。




共通テーマ:映画

Shamisen scene from "Ballad of Orin" はなれ瞽女おりん (Hanare goze Orin) (1977) [映画]



岩下志麻さんは、実際に三味線を弾いているようですね。

私は何年も前から、この映画をずっと見たいと思っていました。

やっと見られそうです。



共通テーマ:映画

映画『日本と原発 4年後』全編版 [映画]



原発事故によって、もしかしたら、福島ばかりではなく、茨城、埼玉、東京までも人が住めないところになっていたという事実を我々はすっかり忘れています。

我々は「生き残ってしまった」のです。そこが我々のスタート地点であることを常に脳裏に刻んでおくことが重要だと思います。

th_スクリーンショット 2019-03-23 23.16.20.jpg

3月11日頃になると必ずマスメディアが「復興、復興」と叫び声を上げます。しかし、その復興を阻害しているのは、「原子力ムラ」の村人であるマスメディア自身です。

この「原子力ムラ」を壊滅させなければいけません。まずは、自民党を「ぶっ壊し」(by 小泉純一郎)、文科省と経産省とマスメディアの大改革を迫り(天下り禁止!)、電力会社には原発に頼ることなく電気代を安くすることを訴え、また、財務省の嘘に騙されず減税を強く要求することです。

消費税増税は、貧乏人から金を巻き上げて、金持ちに利益を分配するものであり、貧乏人が安全に安心して暮らせるようにするためのものではありません。

おそらく、一般の庶民は、何の勉強もしないので、またぞろ自民党が勝利するのでしょうけどね。腐りきったこの国(世界の恥さらし!)は、あのときに滅んでしまえばよかったのです。


太陽光発電、年間2.4兆円の国民負担も…コスパが悪すぎる実態〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

原発に比べたら、どれだけコスパが良くて、安全なんだよ! 『週刊朝日』も「原子力ムラ」の村民ですね。

鴨川の話の中で、「尾根を削って自然破壊」と書いているけれど、その尾根は人工林かもしれませんね。畑に家を建てても自然破壊とは言わないと思いますが。印象操作がひどいすぎます。『週刊朝日』は、どこからお金をもらって記事を書いているんでしょうか。

本当の原発のコストは高い。電力自由化されたら 淘汰されるので「廃炉費用を新電力会社の電気を買う人」からも徴収します!? | 放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク

共通テーマ:映画

昭和42年 あすの山村 [映画]



日本の山村は、残念ながら、貿易戦争に負けて、明日に向かって成長できませんでしたね。いまから、なんとかならないものでしょうかね。



共通テーマ:映画

昭和36年 なくそう栄養の谷間 [映画]



国民皆保険制度が始まった頃のニッポン。田舎は野菜とコメ中心で、動物性蛋白質の摂取量の低い貧しい食生活を送っていた。原因は栄養に対する知識のなさと貧困。それを撲滅するために、国民皆保険制度を導入することで医療費を安くして、病院にかかりやすくし、料理教室を開いて栄養についての知識を深めてもらうという試みについて紹介している。また、動物性蛋白質となるウサギやニワトリの飼育を促したり、当時の日本が国民のためを本気で考えていたことを察することができる。

私の祖父も地方公務員だったので、昭和三十年代に、このような仕事に取り組んでいたという。当時の様子が、手に取るようにわかって、感慨深いものがあった。

翻って、現代ニッポンの置かれた状況だが、根本的なところは変わっていない気がする。貧困ゆえに、菓子パンで夕食代わりにする子供もいるくらいだし、我々もいずれ食うものにも困る時代がやってくるに違いないからだ。そのときは日本人は集団自決するしかないのだろう。


昭和47年 レジャーを楽しむ [映画]



人は何のために生きるのか。

仕事をしてお金を稼いで家族を養うためだけではないのは明らかだ。

人は意識していようがしていまいが関係なく、自分を満足させるために生きているのだ。

仕事をしたり、家族を養うのも、自分を満足させるため。

もし仕事や家族が自分を満足させてくれないのなら、それ以外のものに精を出すしかない。

そんなことをやって何になるのと私の妻は言うが、私が打ち込んでいるものを否定したら、私のすべてが否定されたことになる。あなたには生きているだけの価値がないという意味になる。

そういいたいのはわからないでもないが、そんなことを他人に言う権利は私の妻にはないだろう。傲慢すぎる。

この映画を見ていて、悔しくなってきた。やはり、妻には関わらないほうがいいらしい。

今後とも、できるだけ、疎遠な関係になる努力を続けたい。

それよりも、ほんと、早く死にたい。クソつまらない人生だもの。

昭和35年 働く若者 [映画]



なんか暗いね。

共通テーマ:映画