So-net無料ブログ作成

Honda S600 Japanese Adverts 1960's [クルマ]



こういう形が好き。

追い越し車線の常連 トヨタ プロボックス [クルマ]



ベタ褒めじゃん。でも、嘘を言っている感じが全くしませんね。確かに高速道路でぶっちぎっているのは、スポーツカーではなく、プロボックスであることが多いですね。

次に買うクルマは、軽トラかプロボックスかなあ(笑)



共通テーマ:自動車

How To Not Drive Your Car On Road 2019 | Part 6 | WORLD FAIL,S [クルマ]



どれもこれも乱暴な運転をするから事故を起こすんだという例ですね。しかし、そんなことは百も承知だという人の身にも事故は起きるものです。

共通テーマ:自動車

Awesome - Homemade car brake bleeder -- Brake Flush -- Free [クルマ]



これは自分で作れますね。いちいちブレーキペダルを踏んでブレーキフルードを出さなくても、手元でスプレーをシュッシュッとやれば古いフルードが出てくれるのなら便利です。作ってみようかな。でも、夏休みにブレーキフルードの交換をしたばかりだから、しばらくしませんけどね。後輪のドラムブレーキのホイールシリンダーのダストカバーを交換する可能性もあるので、もしそれをしたら、試してみます。


共通テーマ:自動車

私を怒らせるとどうなるかわかっていますね。 [クルマ]

夏休み早々に見舞われた事故の経過報告を保険会社から受けました。先方の要求はあまりに過大なものなので、それでは「当たり屋」じゃないかと言い返しておきました。

事故は私のクルマに自転車が突っ込んできて、自転車の前輪が曲がったというものです。ぶつかってきた中学生は、終始私に謝罪していました。自分が100%悪いことを自覚していたからです。

その修理代を払えと、親が言っているのですが、実際はクルマの力で自転車が曲がったのではなく、自転車が前方を一切見ることなく勢いよく坂道を下りてきて突っ込んできて私のクルマの後輪に当たって自分の力で曲がったのです。そんな当たり屋に被害者の私がお金を払うのは理解不可能です。

壊れた自転車を修理するには買い換えるのと同じくらいの費用がかかるのという理由で私に買ったときの金額と同じ2万円を請求してきました。修理代が1.8万円だそうです。完全にボッています。私は自転車にも車にも詳しいので、そういう嘘は見逃しません。

モノには減価償却というものがあるので、自転車自体の価値は5000円もありません。壊れたのはホイールに価値は、その3分の1以下でしょう。ということは、前輪の価値はせいぜい1500円です。

前輪の交換をするだけでなのに、自転車そのものを買う費用を私に請求するのは虫が良すぎます。たかり屋ですね。

前輪を交換するだけなら、ママチャリであればホイールそのものは5000円で買えます。作業工賃を入れてもせいぜい1万円です。

実際の過失割合は、10:0で、自転車が悪いと考えています。100歩譲っても、5:5です。したがって、計算上、減価償却の5000円の半分の2500円が私が支払うべき金額です、と保険会社の担当者には伝えました。1500円の半分なら750円です。

「それでは相手が納得しないと思うので、ほんとうの上限を教えて下さい」と言われました。

前輪の交換代が1万円としたら、その半分の5000円が妥当ですから、私が支払うべき金額は最大で5000円です。

それでもあまりに虫がよすぎます。

もし先方がそんな金額では納得行かないというのであれば、永遠に示談しなくてもかまいせん。お金も1円も振り込みません。示談しないままで何十年も放置しておいても法律違反にはならないはずですからね。死亡事故ではないのですから、そこまで気を使う必要はありません。

私の方としても、相手が子供ということで、クルマの修理代を請求しないとしましたが、親がそこまでふざけたことを言うのなら、バンパー交換と傷の塗装で20万円を請求することにします。

過失割合が5:5であれば、先方は私に10万円を支払い、私は5000円を支払います。私が95,000円得する計算です。そういう話になりますね。

この頃、首が痛いので、病院に行ってみます。もしかしたら、事故の後遺症のむち打ちかもしれませんから。

さあ、これで、どうでしょうかね。

私を怒らせるとどうなるかわかっていますね。



共通テーマ:自動車

自動車保険を継続契約しました。 [クルマ]

自動車保険を継続契約しました。現在契約中の自動車保険会社(セゾン)からの郵便を見ると、等級が3つ下がっているのに気づきました。驚いてサポートセンターに電話をしました。そういう契約になっているのは、事故を保険会社に報告したせいです。その事故とは、8月の初めに、私の運転するクルマが交差点で中学生の暴走自転車に突っ込まれたものです。サポートセンターの方の話では、もし保険を使わなければ等級は維持されるとのことです。安心しました。

使ったとしても今年は2000円しか上がらないので、相手の自転車の修理代として請求される金額が高額(たとえば1万円以上)ではない限り、使っても問題ないのかもしれません。まだ事故が未解決なので、保険を使うべきかいなかは担当者と相談して決めたいと思います。

ついでに、自転車の保険にも入ることにしました。自分や家族が自転車事故を起こして誰かに被害を与えたときに無制限に保障してくれるというものです。1620円の追加で済みます。その特約は、自転車事故だけに限定されておらず、日常生活のあらゆる場面でも使えるそうです。たとえば、お店の商品をうっかり壊してしまったときなども保障の対象です。

あとで調べたら、楽天損保の自転車保険も1年あたり1620円の保険料で、そちらのほうが条件が良さそうです。

いずれにせよ、埼玉県は自転車保険に加入することが義務になっているので、入らざるを得ないようです。もちろん、入らなくても罰則はないですけど。

th_スクリーンショット 2019-09-19 20.56.38.jpg

それにしても、いま使っている9年前のMacBook Pro 2010 (13 inch) は、さすがに古すぎて、YouTubeを見ているときに、ウィルスソフトがスキャンしだすと、とんでもなく動作が緩慢になり、画面が完全に崩れてしまいます。スピーカーも音割れしているので、音楽を聞くためにはほぼ使えません。私はYouTubeの動画で楽器の練習をしているのですが、あまりにひどい音で、ストレスが溜まります。スピーカーの部品を購入して交換することも可能ではあるのですが、右だか左だか忘れましたが、どちらかのスピーカーが奥深いところまで分解しないと交換できないので、作業はかなり面倒らしいです。直すつもりはまったくありませんけどね。

ちょっと思いついたので、MacBook 12inch (Early 2016)の下取り価格を調べてみました。好条件であっても2万円そこそこ。ばかばかしいので、下取りに出すことは諦めました。ヤフオクで売ったほうがはるかに高い金額がつくでしょう。

ちょっとばかし、Dellのノートパソコンでも買おうかと思ったのですが、Ofiiceソフトが全部揃っているものだと、10万円もするので、買うなら来年以降にします。MacBook (2016) さえ直ってくれればWindows パソコンなんか買わずに済むんですけどね。

注文中のMacBook (2016)のパーツはさらに3週間待っても来ないかもしれません。その間、ずっと9年前のパソコンを使い続けるしかなさそうです。だんだん嫌になってきました。画面が荒いし、カラー画像がきれいではないので、文章を書くのも、動画を見るのにも目が疲れます。しかも、バッテリーが1時間も持たないのです。

我が家はクルマも11歳だし、自転車も13歳だし、女房もぬか床に置き忘れられた茄子みたいになっているし、アコースティックギターも10年以上前の中古だし、オーディオも大学の廃棄品です。私は時代遅れのポンコツたちに囲まれて暮らしている感じがします。



共通テーマ:自動車

フィットには良い人生勉強をさせてもらっています [クルマ]

デジタルにはない「味」の魅力 残ってほしい車のアナログ装備10選 - ライブドアニュース

うちのフィット2(GE6)はATですが、アナログ寄りです。メーターはアナログですし、インダッシュカーナビではなく、ラジオとCDです。キーも差し込んでガッチャっと回すタイプで、しかも、パーキングブレーキは手で引っ張るタイプのサイドブレーキです。リアブレーキは絶滅危惧種のドラムブレーキ。格好悪いです。エアコンもアナログで、外気導入/内気循環のレバーがついています。以前は鉄のホイールにホイールキャップを組み合わせたものを長らく使っていましたが、あまりに傷だらけで格好悪いので、アルミホイールに扁平タイヤを組み合わせたものに自分で交換しました。

「10年ひと昔」と言われますが、11年前のクルマですから、まさに昔のクルマです。負け惜しみを言うわけではないのですが、私も年寄りの仲間なので、そういうアナログなものが好きなんです。私が買ったときでもデジタルのエアコンも選べたのですが、直感的ではないので、あえてアナログにしたのです。

フィットはあまりに無難すぎて、つまらないクルマです。それなのになぜフィットを選んだかと言うと、実は、クルマを嫌いになるためでした。直前に、高速道路でスピード違反をして罰金を食らったのですが、それは警察に取締られた初めての体験でした。あまりにショックで、警察が大嫌いになっただけではなく、そういう嫌なことを二度と経験したくないので、今後なるべく運転をしないようにしようと思ったのです。スピードが出ないクルマにすれば、スピードを出したくても出せないので、取締りを回避できる可能性が高まるはずです。フィットはコンパクトで維持費も安く済むかもしれせんが、デザイン的には格好良くないし、いかにも安っぽいクルマなので、車自体に愛着を持たなくなると思ったのです。

ところがどっこい、子どもたちが大きくなるにつれて我が家の生活はよりいっそう苦しくなっていき、クルマを買い換えるほどのお金は貯められなくなりました。したがって、古くても買い換えることなく乗り続ける必要が出てきたわけです。しかし、整備代は古い車ほどかかります。結果、自分で整備することを覚えたのです。安上がりに済ませられるユーザー車検もさほど難しくないことを知り、これまで2度自分で通しました。

そんなことをしているうちに、どんどんフィットに対する愛着が深まっていきました。嫌いになろうとして選んだのにもかかわらず、逆説的に、好きになってしまったのです。困ったものです。

子供もでも、できの悪い子ほど可愛いと言いますが、出来が悪いものには、それだけ手がかかるわけで、手をかければかけるほど、手放せなくなっていくのです。

フィットには良い人生勉強をさせてもらっています。




共通テーマ:自動車

12.79Vでした [クルマ]

あまりに暇すぎて、気が狂いそうです。

なぜだかこの頃は熱心に楽器を弾く気持ちにもなれないし、夕飯の買い出し以外の買い物にもいく必要もないので、ほんとうにやることがありません。(買い出しは、すでに午前中に済ましました。)

夏休みももうすぐ終わりなのですが、やりたかったことはほぼすべてやり終えました。今は、あら捜しをするような感じで、他に何かやることはないかとわざわざ探す始末です。昨日は家の中の細々したものをジップロックに入れて仕分けしたりもしました。今日はまたまた玄関先のコンクリート面をていねいに掃除したり、クルマのタイヤホイールをきれいにしたり。

th_IMG_20190910_123438.jpg

ついでといえば、本当についででしかありませんが、バッテリーの電圧も測っておきました。12.79Vでした。パナソニックの青いCAOSは3年保証ですから、残り1年保証があります。まあ、そんなものでしょう。12.5Vを切ったら交換時期だそうです。うちのはまだ大丈夫そうです。

バッテリーのすぐそばにラジエーターキャップがあるのですが、先日クーラント交換をしたときに若干気になりました。バッテリーに粉が吹いていたのですが、その粉はバッテリーから出たものではなく、クーラントの結晶のような色でした。

もしかしたらまだ使えるのかもしれませんが、メーカーは1年毎の交換を推奨しているので、余計に不安になります。前回交換したときは、新車購入時から8年目で初めての交換でした。(それまでまったく問題はありませんでしたが。)それ以来3年以上交換していないので、少し心配です。



共通テーマ:自動車

応急パンク修理剤 [クルマ]



こういう感じになるんですね。

いまのクルマはスペアタイヤが積載されておらず、液体のパンク修理剤が積まれていることが多いのですが、液体のパンク修理剤を使うと、タイヤ交換をする業者が嫌がるそうです。





私はクルマに関しては3度パンクを経験しています。自転車は7回くらいかな。いま乗っている自転車は2回か4回です。昔、子供用の自転車を乗っていたときに、しょっちゅうパンクして、隣町まで20キロ以上離れた漁港に友達と4人で釣りに行った帰りにパンクしてしまい、父親にクルマで迎えに来てもらったこともあります。

経験上、パンクは空気圧が低いせいで起きることが多いように思います。車の場合は1、2ヶ月に1回、自転車の場合は2週間に1回は空気圧を点検しておいたほうが良いですね。

タイヤのサイドをこすってパンクした場合は、どうしようもないです。ドリルタイプのものも、液体のものも使えないと思います。

その場合はロードサービスを利用するしかないですね。そうなるとレッカー移動になるかもしれません。私が契約しているロードサービスだと、路上でのタイヤパンク時の交換作業30分以内無料と書かれていますが、スペアタイヤがないのに、何と交換するのかわかりません。結局、自分で修理するしかないのでしょう。


共通テーマ:自動車

スターター(セルモーター)の交換失敗 [クルマ]

フィット(GE6)のスターター(セルモーター)の交換をしようとしたのですが、残念ながら、失敗しました。

朝の9時半に作業を開始し、撤収したのは15時過ぎ。妻がパートの出る時間から次男が中学校から帰ってくる時間までかかりました。

どうしても、セルモーターを固定している2本のボルトが緩みませんでした。2008年3月11日の 製造から11年半も経っていますから、ボルトが固着しているのかもしれません。ヒートガンで温めるとか、ラスペネを吹くとか、何かしらの方法はあるのでしょうけど、私の手には負えません。なにせ作業をする隙間がないのです。ソケットレンチとかブレーカーバーを振るスペースがないのです。作業スペースを確保するためにいろいろ外したのですが、それでも駄目でした。

th_IMG_20190903_105503.jpg

下のボルトです。17mmです。バッテリーを外した隙間から撮影しました。

th_IMG_20190903_105530.jpg

上のボルトです。14mmです。上に見えているのはサーモスタットですね。

今朝も始動時にギャーっと叫び声を上げましたが、一発でエンジンはかかったので、まだ大丈夫そうです。しかし、これから寒くなって、本格的に調子が悪くなったら、プロに任せようと思います。運良く、歩いていける距離に自動車整備工場があるので、そこに持っていくことにします。

中古のセルモーターは持っているので、それを取り付ければ、トータルで3、4万円くらいで済むと思うのですが、どうでしょうか。

あと1回は車検を通して、3年半は乗りたいです。そうなると、15年ですから、さすがに乗りすぎかも。でも、このあと、乗りたいクルマって、別にないんですよね。正直言って、走れば何でも良いんです。年齢のせいか、だんだんクルマに興味がなくなってきたので。

th_IMG_20190903_111301.jpg

作業のために、クーラントを抜いたので、ドレーンパッキンを新品にしました。3年くらい前にクーラントを交換したときに、青い液がポタポタとドレーンコックから漏れたので、念のためにディーラーで購入しておきました。結局使わなかったので、使うことにしました。漏れは一切ありません。今回の交換用にクーラントは2L缶2本分を買ったのですが、前回の余りも使ったので、1缶(2L)まるまる残ってしまいました。

th_IMG_20190903_141054.jpg

この作業のあと、エンジンオイルも交換しました。オイルフィルターは前回交換したので、今回は交換しませんでした。オイルは20L缶を買ったので、贅沢ですが、これからは半年に1度ではなく、4、5ヶ月に1度交換しようかと思います。

エンジンオイルの方は廃油処理箱を買ってきて染み込ませてゴミの日に捨てます。クーラントの方はとりあえずペットボトルに入れておきましたが、ペットシーツに染み込ませて、これもまたゴミの日に捨てることにします。

夕食も私の担当だったので、夕方駆け足で冷凍食品のハンバーグを買いに行き(クルマでですけど)、急いで味噌汁とサラダを作って済ましました。

なんだか、今日は徒労感でいっぱいです。

富士山の渋滞は悪化している? – 数字で読み解く富士登山 – | 経営と登山のあいだ

全体的に登山客が増えているわけではないという話。とはいえ、正確なデータではないようです。

増減が大きいのは、やはり吉田ルート。御殿場ルートと須走ルートは人気がないですね。

富士宮ルートは、記載がないですが、どうなっているのでしょうね。

共通テーマ:自動車