So-net無料ブログ作成
仮想通貨 ブログトップ
前の10件 | -

コインチェックの被害者を見下す人たち [仮想通貨]

仮想なのはコインだけじゃないよね:日経ビジネスオンライン

コラムニストの小田嶋隆さんはさすがに的を射たことを言う。

われわれは、自分に利益をもたらさない情報であっても、他人の損害を伝えるニュースであれば、その情報から一定の心理的充足を得ることができる。メディアのある部分は、その種の情報を売買するために運営されている。


以上のようにメディア批判のジャブを繰り出してから、小田島オジサンは被害に遭った人たちに向けられる罵声に着目する。

テレビやネットには、仮想通貨のハッキングの被害を被った人たちに対する罵声が溢れかえっている。お笑い芸人の被害者など笑いのネタにすらされている。批判する側の声の多くは「やっぱり額に汗して働かなければいけない」とか「日本は製造業の国なんだから、投資なんかで儲けようとするやつが悪い」などというものばかり。それらは、そもそも資本主義というものを理解できていない馬鹿どもの声だ。金利で儲けることがいけないなら、彼らが勤める会社に融資する銀行などの金融機関すらいらない。そんな彼らの馬鹿丸出しの奴隷根性を逆に罵るところこそが、小田島さんの信頼できるところである。

仮想通貨に夢を抱いた人たちの多くは、この世の中で成功できていない人たちだった。そんな人々に無慈悲な罵声を容赦なく浴びせる人たちの心の中に潜むものは何か。それは、弱者への軽蔑である。仮想通貨などに投資しなくても豊かに暮らしていける人たちは、自分たちの労働力に見合った給料をもらって、将来も安定した暮らしが保証されているような人たちなのだろう。そんな彼らは非正規社員やニートをしばしば見下す発言をするが、それと同様に今回の仮想通貨の被害に遭われた人たちへの罵倒は、彼らのいつもの薄汚い「上から目線」が露呈してしまっている。非情な日本人の大好きな自己責任論である。

なにゆえ、仮想通貨に夢を託すのか。それは、法定通貨には夢を抱けないからである。日本社会から弾かれてしまった貧困層は、額に汗して働いても、ブラック企業に搾取され、死ぬまで低賃金で働かされる。しまいにはAIロボットの導入によって、いずれお払い箱にされる運命だ。そのような過酷な現実を知っているからこそ、彼らは仮想通貨に夢を託したのである。(いまだに夢を持ち続けている人もいる。)

仮想通貨は、ブロックチェーンという技術を使っている。それは、ドルや円やユーロなどのような法定通貨とは異なり、国家や国家間が通貨の価値を取り決め、保証するものではない。仮想通貨投資家たちは、国家を信頼しない人たちなので、国家に依存せず、自分たちでお互いに支え合うというシェアリングエコノミーに似た仕組みに共感を寄せる。NEMという仮想通貨は、まさにそれを売りにしたコインであり、仲間内で交換すればするほど価値が上がるという仕組みになっている。それこそがシェアリングエコノミーに親和性の高い人たちの琴線に触れたのである。

このポイントを完全に無視して、被害に遭われた人たちに、「ざまあみろ」というようなことを言ったり、仮想通貨なんて子供銀行のプラスチックのお金みたいなものだと勘違いしている人は、仮想通貨の問題が提示した重要で深刻な論点を全く理解できていない。あまりに知性が低すぎる。

仮想通貨に夢を抱いている人たちの多くは若者だ。これが何を暗示しているのかを想像できないのであれば、彼らのほうがむしろ品格も知性もない軽蔑すべき存在だと言わざるをえない。

16時頃の暗号通貨の損益 [仮想通貨]


cryptocurrencies2018-01-2902.png

投資額 50,000円→60,118円

ビットコイン(BTC) 5,438円 → 7,962円(+2,524円)
イーサリアム(ETH) 6,116円 → 12,635円(+6,519円)
ビットコインキャッシュ(BCH)5,251円 → 3,521円(-1,730円)
ライトコイン(LTC) 1,195円 → 1,928円(+733円)
リップル(XPR)       31,856円 → 33,928円(+2,072円)


今日の仮想通貨 [仮想通貨]

cryptocurrencies2018-01-29.png

cryptocurrencies2018-01-29_2.png

何が戻しているのかわかりませんが、昨日より上げています。

私の暗号通貨の状況 [仮想通貨]

cryptocurrencies2018-01-28.png

私の5万円(-144円)は、現在57,894円となっております。一時は10万円を超えていたのですが、この惨状です。マイナスになっていないのが、唯一の慰めです。金額を考えれば、投資でも、投機でもなく、実験みたいなものです。

私の平均取得金額と現在の価格と損益の記録を公開しておきます。

ビットコイン(BTC) 5,438円 → 8,117円 (+2,679円)
イーサリアム(ETH) 6,116円 → 11,969円(+5,853円)
ビットコインキャッシュ(BCH)5,251円 → 3,436円(-1,815円)
ライトコイン(LTC) 1,195円 → 1,904円(+709円)
リップル(XPR)       31,856円 → 32,324円(+468円)

総合すると、+16%です。一時は+100%を超えていたのですがねえ。

しかし、コインチェックの暗号通貨強奪事件なんて、世界ではまったく報道されていないくらいですから、たいした話ではないようです。現在は、値を戻しているくらいです。数ヶ月すれば、落ち着くはずです。それにしても、リップルの暴落時に2万円分買い増ししたのは失敗でした。あれさえなければ、パフォーマンスはもっと良かったのですが。大きなマイナスになっていないのは、イーサリアムのおかげですね。

これからもいろんな事件が発生するのでしょうが、しばらくは暗号通貨を手放すつもりはありません。買い増しはしませんけどね。



暗号通貨はリスク? [仮想通貨]

The Predictor of Last Year's Bitcoin Rise Now Says It Will Rise to $100,000 - Getting Started With Cryptocurrencies & Bitcoin - bitGuru

大暴落したビットコインの価格は、2018年のうちに、 $100,000になると予言するアナリストがいます。彼は昨年ビットコインの急騰を当て、業界では一躍有名になった人物とのこと。彼は暗号通貨の中では、特にイーサリアムを推しています。

韓国が禁止しても「仮想通貨市場は崩壊しない」と言える理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

「韓国のニュースが仮想通貨市場の暴落をもたらした背景には2つの要因」を以下のようにまとめています。

1. 経験の浅い投資家が、韓国政府の発言が仮想通貨市場全体に与える影響を理解せず、売り時を逃すことを恐れて資産を一気に売却した。

2. プロ投資家らが利益確定のためにストップ・ロス・オーダーを行い、結果として市場の暴落を招いた。

PCは粉々、壁はボコボコ…… 仮想通貨の暴落で絶望する韓国の投資家たち | BUSINESS INSIDER JAPAN

国民性の違いを感じます。韓国はやることが派手ですね。そういえば、レバレッジで大借金を作った日本の「逆億り人」たちは、どうなったのでしょうね。

世界恐慌前の水準超えの割高感 “ハリボテ株高”が弾ける日|ビジネス|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

あいもかわらず、ゲンダイ師匠は、株式市場のバブルを信じています。アメリカはバブっているようですが、日本は、バブルからは程遠い水準です。株価の回復は、労働者の賃金を抑え込み、企業が内部留保をしこたま貯めているせいです。儲かっているのは確かです。そんな状態なのですから、働いても働いても稼ぎを税金で持って行かれる貧乏な労働者に、少しは株式や仮想通貨で儲けさせてくださいな。

国家破産は、これさえ守っておけば全然怖いことではなかった(橘 玲) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

いずれ借金大国の日本はギリシャのようになるわけですが、リスクヘッジしておけば大丈夫とのこと。日本株だけではなく、アメリカ株とか世界株とかに投資しておくのが重要というわけですね。とどのつまりは、日本を信頼してはいけないという話。おっしゃるとおりです。

「18年前半は強気で」 億万投資家4人の投資戦略|マネー研究所|NIKKEI STYLE

消費税が増税になるのは2019年10月。その1年前までは強気でいいのかもしれません。しかし、もし安倍総理(リングネームはクレイジーしんちゃん)が増税を決めたら、日本の景気は腰折れし、株価も大暴落するのでしょう。そのときまでに、少しは資産を増やしておきましょう。暗号通貨もリスクヘッジになるといいのですが。

そういえば、ファンドマネージャーの西山孝四郎さんによると、いまウォーレン・バフェットは持ち株を売却し、日本円に換算すると11兆円分のドルを持っているそうです。彼は相場が大暴落すると、底値で買うという手法で大金持ちになった人ですから、近いうちに大暴落がある気配を感じ取っているのかもしれません。


仮想通貨の高騰は本当にバブルなのか? [仮想通貨]

我々が「バブル」と聞いて真っ先に思い出すのが、1980年代の終わりから90年代の初めにかけて発生した日本の「バブル経済」と、1999年から2001年頃に発生した「ITバブル」の2つだろう。今、仮想通貨が高騰しており、2つのバブル崩壊を経験した人々の多くは、現在の状況をバブルと決めつけ、暴落の危険性を警告する。はたして、我々はまたもやバブルに踊らされているのだろうか?

まず、いわゆる「バブル経済」の原因と結果を簡単にまとめておこう。独善的なアメリカが貿易赤字を減らすために、いわゆる「プラザ合意」によって大幅な円高ドル安にする。それによって、日本の資産価格が上がり、お金に目敏い人たちが不動産投資や株式投資で大儲けする狂乱状態になる。ところが、このままではインフレになってしまうというので、政府・日銀がその抑制政策を行い、結果、投資で損失を出す人が増え、不景気になってしまったというわけだ。ここから言えるのは、国家がバブルを発生させ、かつ崩壊させたのであるから、バブル経済崩壊の主犯は国家であるということだ。

その後、1999年から2000年頃、「ITバブル」またの名を「ドットコム・バブル」が世界を襲う。これからはインターネットの時代だという期待だけで、雨後の筍のように出来たネット企業の株式が高騰する。だが、売上が実態に見合わず、またFRBの利上げ、911の同時多発テロ事件が重なって、株価が暴落したというわけだ。これもまた主犯は国家である。

そして、今まさに、「仮想通貨バブル」が発生していると言われている。仮想通貨は、通貨を利用する人たちが保証するというもの。従来の通貨のように国家がその価値を保証するものではない。国境の枠組みを飛び越えるグローバル経済(国家の信用と価値が下落する経済のこと!)では、国家間の為替も障害の一つであるが、その障害を取っ払ってくれるのが仮想通貨である。

実態のない仮想通貨の価値が短期間で何倍にもなるという現象は、もしかしたら「バブル」と呼べるものなのかもしれない。あふれるほどの仮想通貨が発行されており、その多くは確かにいずれ無価値なものになり、消え去るのは間違いない。しかし、それをもってバブル崩壊と言えるのだろうか。ネットを基盤としたビジネスが我々の日常生活に完全に根付いたように、仮想通貨自体が消滅することはありえない。しかし、仮想通貨の淘汰を一括りにバブル崩壊と呼ぶのは間違っていると思う。

21世紀に生きる我々はますます「国民国家」(18世紀に成立したばかりのアイデア!)というものが信用できなくなりつつある。日本の政治家の顔ぶれを見るだけで、100人中100人が私の主張に賛成してくれるだろう。「確かにあんなバカどもに、自分の人生を預けられるわけがない」と。これまでバブル崩壊を引き起こしてきたのは「国家」である。そんな国家を信用しないがために生まれた通貨が、バブル崩壊を必ず起こすと断定するのは、頭の悪い私にはできない。もちろん、仮想通貨も、国家の発行している通貨をベースにしているのだから、国家の失策の悪影響を受ける可能性がある。もし仮想通貨がバブル崩壊を起こす事態になってしまっら、そのときはまたもや国家が主犯ということになり、かえって、中央集権体制によって保証される従来の通貨ではなく、利用する人たち全員がその価値を保証する仮想通貨の信頼度がよりいっそう高まるに違いない。

年寄りは、いかんせん、経験則(=自分の狭い視界)で物事を捉えがちである。これまで数多くの失敗をしてきているゆえに、えてして、「羮(あつもの)に懲(こ)りて膾(なます)を吹」き、かつ世間知らずな若者に説教したがる。自分の経験則がもはや通用しなくなっている可能性を年寄りが疑わないことのほうが、もしかしたら、愚かしいことなのかもしれない。

バブル経済の原因と崩壊

バブル崩壊 - Wikipedia

インターネット・バブル - Wikipedia

<ビットコイン>狂騒曲「買いが買いを呼ぶ」20倍以上高騰 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

リップルが下げています。 [仮想通貨]

リップルが大きく下げていますが、他は堅調です。リップルの上げはあまりに急すぎたので、ちょうどいいでしょう。200円台にまで下がってくれれば、買い増ししたいのですが、もう無理そうです。暴落しても、300円あたりが底値かも。

crypto2018-01-0501.png

crypto2018-01-0502.png

リップル/円 リアルタイムレート・チャート|みんなの仮想通貨

ドル円も若干円安傾向でようやくほんの僅かですが、私の米ドル預金はプラスになりました。

逃した魚はあまりに大きすぎて、涙も出ない。 [仮想通貨]

BitZeny(ZNY)の価格・値上がり率 | 仮想通貨アワード2017

2017年1月1日に BitZeny(ZNY)を2万円分投資しておけば、1年後の12月25日には「億り人」になっていたそうです。

1万円の投資なら4294.3万円、10万円なら4億2942.6万円でした。

そんなにお金があったら、いますぐ仕事を辞めるよね。

ああ、逃した魚はあまりに大きすぎて、涙も出ません。

今後、こういう儲け話はぞくぞく出てくるのでしょうか。



もうすぐ10万円 [仮想通貨]

私の3万円は、95,905円になりました。

リップルはいま347円まで上昇しています。

私が購入したときは28円のときと、84円のときでした。

2017/12/16 08:24:33 数量 118 レート 84.495
2017/12/08 18:23:32 数量 69 レート 28.569

リップルが28円のときに、100万円くらい投資しておけば、12倍ですから、いまごろ1200万円ですよ。半分税金で持って行かれても、手元に600万円は残る計算です。長男の学費が1ヶ月足らずで稼げたわけです。

リスクは取らないといけないというのは、こういうことですね。

crypto2018-01-0403.png


みるみるうちに、97,535 円です。1920年代末のアメリカの株式市場はこういう感じだったのでしょうね。そして、1929年にバブルが一気に弾けて、その惨状を救うためにフランクリン・ルーズベルト大統領がニューディール政策を実施。アメリカは社会主義の時代にシフトするわけです。

2020年の東京五輪の後、安倍政権が崩壊し、日本は一気に社会主義化すると私は予想しています。この仮想通貨のバブル&対仮想通貨の日本円の価値の下落は明らかに日本の財政への不信に起因するものでしょうし。

crypto2018-01-0403.png

crypto2018-01-0404.png

近いうちに、リップルが暴落すると思うので、そのときには、買い増しすると思います。


もうすぐ9万円 [仮想通貨]

crypto2018-01-0401.png

ただいま89,186円。

crypto2018-01-0402.png

リップルは300円を超え、314円です。リップルは年内に1000円を超えるかもしれません。一方、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコインは不調です。


前の10件 | - 仮想通貨 ブログトップ