So-net無料ブログ作成

ソフトバンクGは相当にヤバいらしい [投資]



「ソフトバンク・ショック!」をきっかけに日経平均株価が5000円になるかもしれませんね。

アメリカ株は上昇していますけど、実質的には金余りと自社株買いが原因。実体経済は最悪です。アメリカ国民の可処分所得も日本と同様に減っているので、株なんかやっている人はまれです。日本の株価が2万円台を維持しているのは、政府が国民のお金を使って株を買っているだけ。我々一般庶民ははお金がないので株なんか買えないのです。

安倍総理に忖度して、鉛筆なめなめした数字の上では、景気が良くなっているかのように見えるらしいですが、実体経済は悪化の一途をたどっています。来年は日本はもとより世界経済が相当に悪くなる可能性が高いと見る向きが増えてきました。

消費税増税の影響だけではないはずですが、衣料品がますます売れなくなっているそうです。だいたい不景気の始まりを印付けるのは衣料品が売れなくなることらしいです。日本では「しまむら」の業績が悪化したとか、アメリカではフォーエバー21が倒産したとか、バーニーズ・ニューヨークが破産したとかいうニュースはよく知られていますね。

ウォーレン・バフェットは、保有株を大量に売却して、現金比率を過去最高レベルにまで高めているそうですから、あと1年もすれば、不景気に陥るのはほぼ確実です。資金繰りの苦しい中小企業がバタバタと倒産し、失業者が溢れる時代に逆戻りするのでしょう。

そういう最悪の状況が予想される中で、安倍総理が消費税増税をむりやり行い、キャッシュレス決済や軽減税率を導入したのは、完全に間違いだったということが証明されるのでしょう。

まあ、そういうことです。息子が使っている公民の教科書には、安倍総理の写真が50枚以上使われているそうですが、次に改定されたときには、ほぼ消えるのでしょう。そして、戦後最悪の首相というイメージで使われることは間違いありません。

頭の悪い為政者たちのせいで、割りを食うのはいつも庶民です。もし株や投資信託を持っているのであれば、いますぐ売却したほうが良いのかもしれませんね。私は持っていないので、びくともしません。いまは大暴落待ちです。日経平均が麻生政権の頃のように下がったら、全力で買うつもりです。というか、そんなお金あるかしら。




共通テーマ:マネー

株価チャートを見て、なんとなく予想する [投資]

nissan.png

日産が投資家からどれだけ見放されているかよくわかるチャートです。このまま500円台にまで下がるかもしれませんね。

honda.png

ホンダも一時期の半値です。売れているのは ミニバンを小型化した軽自動車ばかりですし、夢のあるクルマは一台も作っていませんので、こんなものでしょう。もし次に車を買うとしたら、ホンダは選択肢から外します。

toyota.png

このジグザグのチャートを見ると、トヨタをどう捉えていいのか投資家たちが迷っていることが推察できます。日本人が頼れるのはトヨタしかない、トヨタがコケたら日本は詰んでしまうみたいと思っている人が多いのでしょう。そんな人達になんとか支えてもらっている感じのチャートです。昔、株価が大暴落していた麻生政権の頃、トヨタの株価は3000円だったと記憶しています。トヨタの営業マンだった義父にその話をし、お金があったら買った方がいいですよ、と勧めたことを覚えています。

pana.png

日本を代表する電機メーカーの一つであるパナソニックの株価もだだ下がりです。パナソニックの製品が一般家庭から消えつつあるのもわかる気がします。庶民には、パナ製品を買いたい気持ちはあることはありますが、実質賃金も増えないし、将来不安もますます高まってきているので、中華メーカーで我慢するしかないのです。

sony.png

ソニー製品は一般家庭からほぼ消えました。(我が家にあるのは9年前に買った液晶テレビだけです。)ところが、パナソニックとはまったく違う株価の動きをしています。私が何年か前にソニーの株価に着目したときは900円でした。現在は5800円です。買っておけばよかったです。腐ってもソニーですね。家電メーカーから脱却して、センサーや医療系の装置でがんばっているようです。

seven.png

わかりにくいチャートに思えます。この下げは一時的なものかもしれません。また4500円あたりには戻るようにも見えます。しかし、消費税増税後は、大手スーパーには強烈な逆風が吹きそうですから、回復の見込みはしばらくないのかもしれません。

aeon.png

イオンの場合は、今後1500円から2000円でダラダラと推移するように見えます。もう見込みはないですね。


三尊天井 [投資]

NYダウ平均株価 リアルタイムチャート

誰がどう見ても、NYダウは「三尊天井」を形成しています。これはひとつの相場が終わった証拠です。あとは下落するのみ。さらに2000ドルほどは下がってもおかしくないと思います。

sanzon.jpg

今日の日経平均株価も下落すると予想するのが自然でしょう。恐怖指数も上昇してきているようなので、そろそろまたドカンと落ちるはずです。これで阿呆な安倍政権が終わってくれればハッピーなのですが。

追記:案の定、下がりました。今週中に20000円割れは必然でしょう。今年は18000円台になると予想します。ドル円は105円を割って、夏以降は100円になるでしょう。我々の年金がさらに株式市場に溶かされ、製造業を中心とした輸出関連企業が多数倒産し、地方銀行もバタバタ潰れ、これまで貧乏人を搾取して金儲けをしてきた富裕層はみな死んでいきます。

購買力平価を考えれば、1ドル50円でもいいのだそうです。アメリカやイギリスではラーメン1杯が2000円ですので、たしかに1ドル50円が妥当です。そこまで円高になれば、大企業も潰れていき、外国人観光客もどっと減って、企業研修生としてやってきた「徴用工」の移民たちにも母国に帰ってもらえます。そうなれば、日本は静かになります。閑散とするといったほうが正確でしょうか。東京オリンピックの観客も、暇を持て余す富裕層の日本人と、酔狂な外国人しかいない状況になるでしょう。「復興五輪」によって、日本は復興するどころか、さらに衰退の速度を早めることになるわけです。

15兆円を株式市場に溶かした男 [投資]

ついに年金不足を政府が明言、運用失敗で15兆円を溶かしながら国民に自助を求める非道さ=今市太郎 | マネーボイス

年金資金の150兆円の1割である15兆円を株式市場に溶かしてしまったにもかかわらず、責任を取らずにのうのうと生きている安倍総理をフランス革命よろしく断頭台に送るべきだと私は思います。もちろん、それで我々の年金が戻ってくるわけではないのですけどね。

株価下落 [投資]

今朝からみるみるうちに日経平均株価が下がっていますね。誰もが予想していたことですが、11時11分の時点で700円も下げています。今日は1000円ほど下げるかもしれません。明日は、日銀の買い支えを期待して、急騰するのでしょうが、しばらくは下げ基調でしょう。

近頃、アベノミクスは失敗だといろんな人が言い始めていますが、原発のように「トイレのないマンション」であるアベノミクスが失敗してしまうと、有効な対策はもはやないらしいです。日本経済はどん底まで落ちるわけですね。


カチタス [投資]

実家の隣は空き家なのですが、カチタスという会社が買い取り、リフォームをして、土地代込みで1200万円で販売しています。日当たりもよく、家の作りも良いのですが、なにせ辺鄙すぎて、買い物に行くにもクルマが必要です。車の運転ができない老人には住み続けることは不可能です。それゆえの激安価格なのでしょう。買い取り価格は200万円だったそうです。

カチタスは、昨年話題になった空き家再生を行う会社です。ニトリがバックに付いているので、台所などのセットはみなニトリのものです。だからこそのお買い得価格なのです。

私の母親は、「自分が若かったら、あの家を買っただろうけどねえ」なんて言っていました。しかし、どうなんでしょうね。老人になったら、田舎の住宅街に住み続けるより、生活に便利なところに引っ越ししたほうが良い気がします。歩いて、スーパーマーケットに買い物に行けたり、病院が近いことを、もっとも優先すべきだと思います。

おそらく、カチタスという会社は、空き家再生をする場合、あまりそういうことを考えずに、コストのみを考えているような気がします。私がカチタスの経営者だったら、私の実家の隣の家など再生しないと思います。200万円で買い取っても、本当に1200万円で販売できるのかどうかも定かではありません。1000万円の価値もあるかどうか不明瞭です。私だったら、ぜったいに買いませんね。

カチタスは、そういうことを各地で行っているのでしょうが、きちんと利益を上げられるのかわかりません。


中国不動産バブル崩壊の前兆? [投資]



だいぶ前から、中国はもうダメだ、ダメだと言われ続けていますが、いつ中国バブルは崩壊するのでしょうね。

中国が弾けると、世界経済は暗闇になりますね。リーマンショック以降、すでに金融資本主義は崩壊していますから、資本主義経済に左右されないような自給自足生活をいまから始めておくほうが賢明かもしれません。

戦時中も、戦後も、自前で食料を調達できる農家は、生活不安はなかったわけですからね。その点、頼るものがお金しかない一般のサラリーマンは地獄ですよ。


日経平均株価の長期的傾向 [投資]

2019-01-30.png

この半年だけを切り出してみると、日経平均株価が上がる余地はないようです。

このままズルズルと下がり続け、19,000円を割れ、18,000円に近づいていくように見えます。

6か月ではなく、数年単位で見れば、また違って見えるのでしょうが、アメリカと中国の貿易戦争や、ブレグジットなどさまざまな悪材料で、日本企業の業績は確実に悪化しているし、今年は消費税増税、その後の混乱、五輪景気の終焉もあるので、株価の上昇が期待できる状況ではありません。

市場関係者は、自分勝手に、楽観的な見方をしていますが、警戒感がなさすぎです。

底がどこになるのかわかりませんが、19,000円割れは確実でしょう。




共通テーマ:

今年の株価予想 [投資]

株価予想「達人」ニトリ会長 「19年末は2万円前後」  :日本経済新聞

ニトリ(の会長)は、けっして豊かではない一般庶民を相手に商売しているから、景気の動向に敏感なのだろう。それがために、株価予想をズバリ当てられるのだと思う。

証券会社のアナリストなどは、視野は広いのかもしれないけれど、我々庶民が見ている方向とは180度違うので、彼らの予想は気持ちが良いほどよく外れる。高給取りで、大企業の動向しか目に入らない人たちには、庶民の生活を実感できないにちがいない。だから、彼らの発言はいつもトンチンカンなのだ。我々が彼らをそんなふうに見ていることを彼らはきっと知らないはずだ。

私の予想だが、2019年は1月から大荒れになって、一時的に17000円以下になるのではないかと思う。ニトリの会長の予想では、年末の日経平均株価は2万円ほど。それでは2018年の年末と同じだ。悲観的な私はもっと厳しいのではないかと予想している。もし2019年に2万円台を維持したとしても、東京五輪の開催される2020年はかなり危険な水域に入るだろう。首都直下地震が起こる可能性が高いと言われているくらいだし、日本はアメリカよりもはるかに危険であることは、心に留めておくべきだろう。

先日テレビを見ていたら、京都大学の火山学者が1100年ほど前の地震のパターンと今がそっくりだと述べていて驚いた。株価もそうだが、過去と同じパターンになる可能性が高い。

「ケンカは止めてください」ヨドバシカメラの福袋に前夜から行列 - ライブドアニュース

大型連休も手放しで喜べず?年末年始に不安を感じる人たちの事情 (2019年1月1日掲載) - ライブドアニュース

福袋も、おせち料理も、お餅も、お屠蘇も、年賀状も、平成の終焉とともに、いっしょにきれいさっぱりやめてしまったらいいのに。お正月休みもいらないと思う。

「文系は理系よりも使えない」風潮にモノ申す | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

馬鹿は人文系を軽視し、人文系を軽視する人はすべて馬鹿である。

社会のリーダーや変革者は、教養のある人たちである。人文系を軽視する人たちが増えれば、国家が滅びることは間違いない。そのための教養教育なのだが、この頃の文科大臣や文科省の官僚たちは、無教養なバカどもだから、彼らにこそ教養が必要である。

「草食化」は関係ない…若者の未婚・晩婚が増えるワケ(FNN PRIME) - Yahoo!ニュース

若者が草食化しているという言い方自体、草食動物も子孫を残すためにさかんに生殖活動をしていることを理解していないとコラムニストの小田嶋隆さんがラジオで発言していた。まさにそのとおりだ。以前から若者が結婚したがらないのは、異性に興味がないからだという主張に憤りを感じていた。また、そういう嘘を信じる無教養な人たちが圧倒的多数であることに、呆れさえ覚える。内田樹氏がかつて述べたように、結婚する人が減ったのは、主に、「お見合い」によって、無理やり結婚させられていた割合がごそっとなくなったことに起因するものだ。また、恋愛感情の吐露も、セクハラと言われる昨今、若者は不安に怯え、自由に恋愛できなくなっているのだ。さらに、少子化は、結婚する人が増えても、変わらない。結婚すれば子供が生まれるというのは、短絡的な発想である。子供は、農民が9割の時代では、重要な労働力であったが、いまは贅沢品になっているのである。夫婦は、子供の労働力に頼ることで、家計を維持する時代は終わったのである。むしろ、日本人は貧乏になったので、子育てにお金をかける余裕がまったくなくなってしまったのである。その点を理解しない人たちは、あまりに教養がない。


安倍もトランプも命運が尽きた [投資]

24日、NYダウが4日続落し、653ドル1(2.9%)安の2万1792ドルにまで下落しました。下落の最大の原因は、トランプ大統領による政治リスク。メキシコ国境の壁建設の予算が通らなかったことにトランプがごねているせいで、一部の米政府機関が閉鎖したり、側近を片っ端から切っていき、トランプひとりでアメリカの政治を独裁的に行っていることも景気を冷やす原因になっています。民主主義の崩壊です。

トランプが大統領に就任した2017年初めの米国株はおよそ2万ドルでした。おそらく、その時点に戻るか、それ以下にまで下落すると私は睨んでいます。つまり、あと2000ドルは下がると思います。

今日の日本株は、確実に2万円を割り込みます。誰にでも予想できる展開です。個人的には、この下落は、17000円台まで行いかないと止まらない予想しています。現在のアベノミクスが始まったのは2014年からの第2次安倍政権下です。その頃の日経平均株価は、17000円台の半ばでした。つまり、日経平均も、アベノミクスの化けの皮を剥ぎ取ることになるというわけです。

安倍もトランプも命運が尽きたと思います。民主主義を破壊しただけではなく、政治へのニヒリズムを国民の間に浸透させた安倍はアベノミクス失敗も認め、政治家も止めて、「屁理屈の達人」として、クソつまらないお笑い番組のひな壇でおバカタレントと同席することを期待します。稀代のバカ大統領の一人であるトランプは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー4』にでも出て、マイケル・ジェイ・フォックスの敵役のビフ・タネンを演じるのがいいでしょう。