So-net無料ブログ作成

無駄学! [学問]

その買い占め必要ですか?コロナ危機に「無駄学」の勧め [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

渋滞学で有名な西成活裕・東京大学教授がまた新しい学問を提唱しているそうです。面白い方です。天才なんでしょうね。

たしかに世の中、無駄だらけです。人間そのものが無駄な存在ですからね。

でも、目的によっては、無駄が無駄ではなくなるという西成先生の考えは決して無駄ではありません。

外出自粛期間中、無駄が経済を回していることも、改めて認識させられたはずです。

無駄にクルマで外出すると、無駄にガソリンを使ってタイヤをすり減らし、途中コンビニに寄って、無駄な買い物をして、家に風呂がついているのにわざわざ日帰り温泉に行って、無駄にごちそうを食べたりして、無駄に時間とお金を使うわけです。そういう無駄な時間を過ごさなければいけなくなる原因は、無駄に働くからです。

でも、そういう無駄が、お金を回しているわけで、その結果、自分のところにもお金が回ってくるという仕組みなのですから、無駄な外出や労働は、経済を活性化させるという目的を設定すれば、無駄であるどころか、重要なものになるわけです。

一方、目的を倹約とすれば、不要不急の外出は、悲しいかな、無駄なものになります。しかし、そういう考えは、つまらないですね。人間を成長させません。

よく学生が、こんなことを勉強していても時間の無駄だよとか偉そうな口をきくことがあります。視野が狭いからこその発言であり、私みたいなオジサンは無言の嘲笑で返すのが常です。

つまり、無駄と言っても、それは本人の主観にすぎず、大きな視点から見れば、そんなに単純じゃないことがわかります。

西成先生のおっしゃりたいことは、記事が途中で途切れているので正確にはつかめませんが、おそらくそんな感じのことでしょう。休校期間中の時間を失われた授業時間であると乱暴に決める人がいますが、子どもたちは、その期間も何かを学んで成長してきたはずです。何もしない時間こそが子どもたちを成長させるという事実をいっさい認めない人たちは、少し頭を冷やしたほうがいいんじゃないかと思います。



共通テーマ:学問

9月入学って、本当にやるんですか? - 住田昌治|論座 - 朝日新聞社の言論サイト [学問]

9月入学って、本当にやるんですか? - 住田昌治|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

結局のところ、「9月入学」など、サマータイムと同じように、現場の声を無視した政治家や教育評論家などの暇人の主張でしかありません。バカバカしいです。

子どもたちの一部が9月入学に賛成していると言っても、彼らは視野が狭いのですから、大人はさまざまな問題を考慮することを教えてやるべきです。

都合よく、グローバル化に対応できると主張している人もいますが、先進国よりも1年遅く教育がスタートすることになるわけですから(現在は半年遅れ!)、どこがグローバル化への対応なのか、私はさっぱりわかりません。

大学の場合は、留学しやすくなると言われていますが、そもそも留学を考えていても、3年生になると就職活動を始めなければいけないという、日本の間違った就職のシステムを改善しなければ、9月入学にしたところで何も変わりません。思いつきで、9月入学に変更したら、どういう悲劇的な事態になるか想像力のない人たちが多かったら、彼らにその問題点を示し、過度な楽観主義をたしなめなければいけません。政治家にそれができないというのであれば、直ちにお辞めになってもらいたいです。

尾木さんみたいな教育評論家は「修学旅行とか、運動会とか、文化祭とか、合唱コンクールとか、部活動とか、ホームルームとか、卒業式とか、入学式とか、を子供たちから奪ったら、かわいそうだ」と言っていればいいだけの無責任な人ですから、放置プレイでいいです。そういう時代に合わない無駄なイベントをすべて廃止すれば、いくらでも失われた授業時間は取り戻せます。道徳の授業だって中止すればいいのです。小学校は主要4科目に専念し、芸術系の科目は、息抜きで十分です。もちろん、芸術は非常に大切なものです。人間性を高めるものですが、なぜそれらが成績の評価対象科目なのか、いまだに私は理解できません。成績なんかつけてはいけないと思いますよ。

話が横道にそれましたが、教育評論家が、9月入学の議論をしている暇があるんだったら、これからの授業のあり方、オンライン授業の活用の仕方のアイデアを出せばいいんですよ。


ああ、今朝は5時起きで、たまっていたオンライン授業の課題を片付けました。今日は一日リアルタイムのオンライン授業があるので、机の前に張り付いていなけれないけません。



共通テーマ:学校

運動会もマラソン大会も修学旅行も中止で良かったじゃん [学問]

尾木ママ “9月入学”に対する批判に改めて反応「あり得ないような人権侵害状況を止めるため」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

尾木さんは、夏休みや部活動や運動会や修学旅行などのイベントがなくなることを人権侵害だとみなし、それを防ぐために「9月入学」の導入を訴えているのですね。私は、むしろ、勉強以外が大嫌いだったので、イベントのほうが人権侵害だと思っていました。そういうのを楽しみにしている子どもたちもいるというのが尾木先生のお考えですが、そういうのを苦しみと感じる子どもたちのことをいっさい考えてこなかったのでしょうか。私なんかは、音楽の時間とか体育の時間も地獄でした。

「運動会も文化祭も中止で、子どもたちがっかりだね」という声が聞こえてくるけど、自分が子どもだったら大喜びするなんて言えない…「全部嫌いだった」「いろんな感覚の子がいる」共感の声殺到 - ツイナビ | ツイッターの話題まとめ

「9月入学」になったら、また運動会も文化祭もあるのかあ、と考えてがっかりする子どもたちの気持ちも考えてほしいです。

うちの次男も同じことを言っていました。10キロのマラソン大会が中止になるはずだから、良かった、と。



共通テーマ:学校

学校は丸投げ? [学問]

「学校は丸投げ」「何度もケンカ」。家庭学習に向き合う、親たちの悲鳴が集まった | ハフポスト

まるで日本の学校が悪いかのような意識を持っている親御さんたちが大勢いらっしゃいますが、そもそも、学校が開かないのは、安倍政権の危機管理能力があまりに低く、感染拡大を抑え込めなかったのが原因です。しかも、4月中旬の段階で、緊急事態宣言を解除しても統計学的に感染拡大が止まることがわかっていながら、緊急事態宣言を無駄に延長し続けたのは、あまりに愚かです。学校批判なんかしている暇があったら、むしろ、そういう安倍政権の間違った対応を非難すべきです。

家庭教育がうまくいかないのは、すべて親が悪いのです。学校の責任ではありません。本来は親が面倒を見る部分が大きいのに、それをすべて学校任せにしてきたツケが回ってきただけです。民主主義を支える市民としての自覚がない奴隷のような親が、民主主義を支えられない市民を再生産しているのですから、愚かしい安倍政権が7年も続いてしまったのです。

私は教員ですから、子供が小さかったときから勉強嫌いにさせないように、しっかり学ばせてきました。新しいことを覚えることが楽しく感じられるように、いろんな問いかけをしました。「あれってどういうことなんだろうねえ」「これなんて読むかわかる?」「これはどういう意味かわかる?」とか。そうすると、子供は自ら関心を持っていろいろ調べたり、逆に質問するようになるのです。子どもたちは大学生と高校生になりましたが、いまだに私は息子たちに質問して、いろいろ教えてもらっているくらいです。

子どもというのは、周囲の人間が彼らの知的好奇心を刺激すれば、どんどん自分で学んでいきます。最初から、子供は勉強しなければ駄目だとか、あんたたちが学校に行けないから、私が苦労しているんだとか、子供に文句ばかり言って、不安にさせている親は、子供から学習意欲を奪っているのです。なぜ勉強をしなくちゃいけないんだという疑問を持たせないようにするのが親の役目ですが、駄目な親はそれを最初から放棄してしまっています。学校批判に無駄なリソースを使うことは愚かしいことです。愚鈍な安倍政権が日本国民を愚かにしようとしているのに、親たちが自分の子供をバカな子供に育ててどうするのよ、って思います。

そもそも、学校は子供が自ら学ぶ手助けをするところであって、「学校が親に丸投げしている」という批判は当たりません(菅官房長官風)。大学は特にそうです。この20年間は、手取り足取り教えるようになりましたが、それ以前は、教員は学生をサポートしますが、サポートを求めない学生は放置していました。それが本来の教育です。教育を受けたくなければ、学校に行かずに、「奴隷」になればいいじゃないですか。どうぞ、ご勝手に。私は「自由民」になるための教養としてのリベラル・アーツ(悪の権力から解放される技術)を学びましたが、結果的に奴隷になっていますけどね。残念ながら、私の努力も足りなかったのでしょうし、時代が悪かったのでしょう。

「9月入学」に制度を変更すれば、万事解決するみたいに錯覚している人も大勢いますが、本当に低レベルですね。安倍政権並みに低能です。

共通テーマ:学校

コラプソロジー(崩壊学) [学問]

「コラプソロジー」 私たちが知る世界は崩壊するのか? 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

コラプソロジー(崩壊学)とは・意味 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

コラプソロジー(崩壊学)というのは「産業文明の崩壊と、その後についての研究」だそうですが、どうしたら崩壊を食い止められるのかではなく、崩壊していく過程を推測し、崩壊した後どうやって生きていけないいのかを研究する学問なのかもしれません。

西ローマ帝国の「崩壊」が何世紀も続いたこように、われわれの文明も数世紀に渡って崩壊していくのだとすれば、「ゆでガエルの法則」のように、崩壊に気づくことができないまま崩壊するということになりそうです。我々の文明が崩壊する前に、我々のほうが先に死ぬことは確実ですから、そんなことを研究してなんになるのか私にはよくわかりません。

ここ数日、線香花火の玉がポタンと落ちてしまった感覚を抱えたまま、自分の部屋に閉じこもって過ごしています。

でも、今朝から断続的に仕事をしています。だらだらだらだら、数時間。キッチンタイマーで時間を計って、時間内に仕事を終えられるかどうか挑戦してみれば、あっという間に終わる仕事ですが、やる気が起きません。今のところ、昨日片付けようと思っていた仕事の半分も終わっていません。仕事がどんどん溜まっていくを見ながら、世界の崩壊を夢見ています。


ゆでガエルの法則とは? 5年後まで生き残る3つの方法 - STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア

こんな暮らし、あと5年も続けたくないなあ。



共通テーマ:学問

オンライン授業での教員の負担は割に合わない [学問]

オンライン授業「導入・検討」大学の9割超 現場の教員に負担も | NHKニュース

午前中は2時間半ほどレポートチェックをしました。午後も2クラス分チェックする予定です。明日は3クラス分。

まだすべての大学の授業が始まったわけではないのですが、このあと6つ追加されるので、死にます。

給料は3倍にしてもらえないと、まったく割に合いません。

私は動画を作ったり、ZOOMで授業をしているわけではないので、その分の負担はないのですが、毎週必ず課題を提出し、チェックしないといけないので、大変です。

追記:急にやる気がなくなりました。午後、2クラス分のレポートをチェックする予定でしたが、止めました。実のところ締切りはないので、サボろうと思えばずっとサボれます。そういうのはよくないですね。とはいえ、この1ヶ月間けっこう真面目に仕事をしてきました。おかげですっかり精神的に疲れてしまったのかもしれません。昨日も今日も5時間くらいしか寝ていませんので、身体的にも疲労が溜まっているのでしょう。



共通テーマ:学校

【理解の6側面】「理解する」とは何か、説明できますか?│LearnTern(ラン・タン) [学問]

【理解の6側面】「理解する」とは何か、説明できますか?│LearnTern(ラン・タン)

真に理解しているときには、以下のようなことができるそうです。

① 説明できる
② 解釈できる
③ 応用できる
④ パースペクティブを持てる
⑤ 共感できる
⑥ 自己認識を深められる


本当に理解している状態というのは、他人に自分の言葉で説明できて、その主張の理由も説得力のある形で言えて、さらに全体の中での自分の考えの相対的な位置を把握できている状態くらいには感じていましたが、こうやって整理してもらえると、すっきりします。


菅官房長官という人を、次期総理大臣にしたいというアホがいますけど、あの人は「それは批判に当たらない」と言って、つねに安倍総理の防波堤になってきた人です。いっさい説得力のある理由を言えない人です。安倍同様の無能な人をリーダーに据えたら、また国民はネット上で暴動を起こします。



共通テーマ:学問

ダニング=クルーガー効果 [学問]

ダニング=クルーガー効果とは? 3つの原因を学んで対策を考えよう│LearnTern(ラン・タン)

学生の中に、自分の成績に不満を持って、どうしてこんな成績なんですかと文句を言ってくる(疑義照会をする)者がいます。私が評価を間違えることもなきにしもあらずですが、これまでの経験上、そうではない場合は半分近くありました。

たいていは、自分はがんばったのだからAかBのはずなのに、なぜCなんですか、みたいな感じで伝えてきます。仕方がないので、これまでの小テストや課題の点数やらをすべて示して、計算式に当てはめて総合点はこうなったので、という根拠を明示します。すると、黙って帰ってくれます。

これは「ダニング=クルーガー効果」と言うそうです。ビジネス書なんかを読む人は知っているのかもしれませんが、私は知りませんでした。ダニングとクルーガーという人が、「能力が低い人ほど、自分の能力を高く見積もる傾向」があることを発見したことから付けられた名前とのこと。

バカは自分の能力が高いと信じて疑わないので、良いことはなんでも自分の手柄にして、悪いことは全部他人のせいにします。安倍総理とトランプ大統領は、そういうバカの典型ですね。彼らは自分の意見と合わない人の意見は一切無視するようなタイプです。トランプはCovid-19のちりょうやくになるかもしれないというマラリアの薬を予防的に飲んでいるそうです。そんなことをすると死んでしまうかもしれないと医者に警告されているのに、お構いなしです。どこまでアホなんでしょうね。





共通テーマ:学問

[YouTube動画] オンライン授業の一番わかりやすいやり方 [学問]



こういうふうにやるのねえ、というのはわかるんですけど、私は嫌です。

他人の作ったできのよい授業動画を活用させてもらうという手はいいですよね。

共通テーマ:学校

「9月入学で教員2.8万人不足の推計 待機児童も急増」 [学問]

9月入学で教員2.8万人不足の推計 待機児童も急増(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

9月入学制に変更すれば、お金は余計にかかるし、教員不足になるし、案の定、ろくなことはないです。率直に言うと、いまはバカでも先生になれる時代です。教職を希望する若者がいないので、希望すれば、よほどのことがなければ教員になれます。学校はブラックな職場だと世間に認知されてしまったので、教員になりたいなんていう学生がいなくなってしまったからです。いまだって、教師のなり手がいないのに、どうするんでしょうか。教育の質はさらに下がる可能性が高いです。

そこまでして9月入学制を導入したいのであれば、不公平感をなくすために、今年生まれた子供が導入することにして、他の先進国と同じように、半年早く入学させればいいと思います。その間に、先生の数を増やし、給料も上げて、優秀な人材を集めて、同時にオンライン授業の環境も整えていくことも大事です。

学校という急な変化になじまないところに、今年から急に半年分学習を遅らせるような制度を導入するなんて、あまりに場当たり的です。そういう発想をする人というのは、後先を考えられない人なのかもしれませんね。当事者意識もないのでしょう。

自分が大学生だとして、半年遅れで卒業することになるとなれば、誰だって嫌でしょう。そういうことがわからないのでしょうか。

9月入学制にすれば、グローバル化できるというのは幻想というか妄想なので、そういうことを言っている人は100%信用できない阿呆だと思っていいです。

とにかく、他と合わせたいという「同調圧力」が強いだけの人なんでしょう。大阪のおばちゃんのセリフではないですが、「よそはよそ、うちはうち」です。流されてはいけません。

他の国に合わせなければいけないという衝動にかられている事自体が、すでにグローバル化の圏外にいます。よそに合わせることがグローバル化だと信じている人は、残念ながら、自分の基準が持てない人なのでしょう。すでに、グローバル化の時代の負け組です。他に合わせれば、個性を失います。個性がないことは、グローバル化した世界では、存在価値がなくなります。

自民党や維新の会の議員たちや、彼らを支持するような人たちはそのタイプで、存在価値のない国民を作ろうとしているだけです。騙されてはいけません。




話は突然変わりますが、今日もまた同僚の先生と長電話をしました。オンライン授業で頭が混乱しているので、また雑談でもして、頭の中を整理しましょうというわけです。結果、だいぶスッキリしました。愚痴を言うのも大切ですね。



共通テーマ:学校