So-net無料ブログ作成

文科省による改革をやめさせ、文科省を改革すべき [学問]

「大学入学共通テスト」と「新学習指導要領」によって「国語」教育は劣化する
~英語の民間試験導入だけではない!「国語」だって記述式試験や教育改革で大混乱?~ | 時事オピニオン | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス


私の周りの教員の口から「文科省」という言葉が出たときは、決まってネガティブな話題です。みな一様に苦虫を噛み潰したような顔をして、ふだん使わないような罵詈雑言を吐きます。文科省の役人が、教育者のやる気を失わせるようなことばかりしてきたせいです。

自分たちの権力を増大させるために、教員免許の更新制度なる無駄な改革を行い、教員の労働時間を増大させ、教育環境を劣悪にし、結果的に教員のなり手を減らしたのです。いまは競争率が下がりきって、バカでも教師になれる時代になりました。

文科省はまた、産業界からの圧力を受け、小学生から英会話ごっこ遊びをさせ、中高大と英語は雰囲気で覚えるものだと洗脳教育をして、考える力を失わせました。さらに、アカデミックなものとは関係のないビジネス英語を大学生に学ばせ(クラス分けにTOEICを受験させる大学が多いです!)、そのうえ、思考力を養成するのにふさわしい文学を教育から排除するのですから、愚民化政策そのものです。文学を教育から排除する方向性は完全に間違っています。20年以上前からですが、英語教育から小説を排除し、さらに今度は国語教育からさえも文学を排除するというのです。文学(や哲学)を学ばないし、卒業論文すら書かないで卒業できる制度にしたのも、世界中の笑いものになっているのです。日本のどこがスバラシイのですからね。文科省の罪は極めて大きいです。

幼い子供を育ている母親の口からも文科省への痛烈な批判は出てきます。文科省は、愚民化政策を行うだけではなく、少子化を加速させているとしか思えません。「働くお母さんが、子供の預け先を探すのにこれほど苦労する国はありません。どこが先進国なのですかね」といつも私に愚痴をこぼす女性がいます。保育園は厚生労働省の管轄ですから、関係はないのですが、いずれにせよ、母親が働ける環境を整備してこなかった官僚たちの罪は計り知れないほど重いです。

そういう不満を授業中に学生に語ると、「先生は雑談が多すぎる」と批判をするバカな学生がいます。文科省がそういう愚民を育ててしまったこともまた犯罪です。

日本は文科省による諸々の制度改悪のおかげで、すでに救いようがない国になってしまっています。文科省を細かく分割して、彼らが持つ強大な権力を奪い取らなければ、日本の消滅のスピードを加速させるだけです。

文科省は他の省庁に比べて真面目な人が多いと言われているそうです。たしかに真面目なのかもしれませんが、実際は、東大出身者の中では「クズ」と呼ばれているらしいです。私の学生の一人が内部の人から聞いた話では、安倍政権と密接な関係を持つ経産省はイケイケで、文科省はいじめられっ子なのだそうです。だから、奴らは教育改革をしているふりをして(仕事をしているふり!)、教員をいじめて鬱憤ばらしをしているのでしょう。まったく迷惑な話です。

いま香港で民主化運動の一環のようなデモが繰り広げられています。その暴徒化した様子を見ていると、1960年代に安倍総理の祖父の岸信介のせいで発生した学生運動を想起させます。あのあと、国は二度と国民が政権に歯向かわないように、文科省を通じて愚民化政策を行い続けてきたのです。これは当時学生運動をしていた私の恩師の一人が語った言葉です。私もその通りだと思います。

国語や英語教育の中で、読むより発言することを重視するために、読むことを軽視するらしいですが、そもそもまともな意見を主張するためには、質の良い情報をたくさん仕入れ、それを自分の頭を使って整理・分析・評価する能力を養成する必要があります。それもせずに、発信をする機会を増やせば、グローバル化した世界に対応できる人材になれるという子供じみた幻想を大衆に植え付け、御しやすい愚民にすることを求めているとしか思えません。そんなカタストロフィック(週末的)な状況を避けるためにも、文科省の改革を次々に潰し、仕事をしているふりをしているだけの文科省そのものを改革しなければいけません。

【埼玉古墳群】古代へのいざない 国宝・金錯銘鉄剣 [学問]



さきたま古墳公園は6年ほど前に家族で訪れたことがあります。ここは忍城とともに埼玉県民の聖地の一つです。1500年前の埼玉の風景が目に浮かびました。

やる気のない学生が鬱陶しいです [学問]

「勉強しない」と決めることがやる気への第一歩 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

大学生にもなって、授業中に勉強をせず、イヤホンで音楽を聞きながら寝ている学生や、スマホのゲームをしていたり、誰かとメッセージのやりとりをしている者がいます。最近は能力別クラスになっているので、クラスによってだいぶ違いますが、できの悪い学生たちを集めたクラスは「学級崩壊」気味です。

数ヶ月前までは、私もそういう学生を見つけるたびに説教をしていたのですが、感情的に怒ってばかりいるとか誹謗中傷を書かれたので、いまはもうなにも言わないことにしました。そういう学生を見つけても、「やる気が出たら学校に来てください、無理に来なくてもいいですよ、私が頼んできてもらっているわけでもないので」などと冷静に言うようにしています。そういう学生が近頃増えてきているようなので、授業に来なくても、試験だけでなんとかなるように成績評価の方法を変更しました。

文科省的には、出席するのが当たり前というのですが、そりゃそうですが、義務教育を過ぎて、自らの意思で大学に進学した学生にむりやり出席させるような指導の必要があるのはおかしいです。矛盾しています。そんな学生に指導することはやめました。ただ無慈悲に不合格にするだけです。大学の教員に、そんな親切なことをする必要があるとは到底思えません。

もしその必要があるというのなら、教育の方ではなく、社会のほうを改善すべきです。


上記サイトには、勉強をしないというのも自主性の発揮ですから、逃げ場を与えてやり、その後、時間をかけて学習意欲を取り戻すのを待つべきだと書いてあります。そうなのでしょう。無理に教え込むのは間違っているというのは正しい考えだと私も思います。水を飲みたくないと言っているのに、無理やり水場まで連れて行って、飲ませるのは拷問ですし、人権侵害です。勉強したくないという学生がいれば、誰にも迷惑をかけないのであれば、そのまま放置するか、教室にいたくなければ、帰ってもらうべきですね。

件の誹謗中傷事件があってから、無駄話をいっさいせず、学生と打ち解ける態度を見せないようにしています。無味乾燥な授業の内容だけを説明して終わりにしています。授業をできるだけつまらないものにするという努力をしているのです。その結果、授業を欠席してくれる学生が増えてくれることを期待しているわけです。そうしてやる気を持っている学生だけを残して、しっかり教えてやりたいと思っているのです。しかし、最近の学生は、真面目なのか、よい成績がほしいだけなのかさっぱりわかりませんが、無駄に授業に出てきます。鬱陶しくてたまりません。


「怒る」と「叱る」の違い [学問]

「ヒステリーな女」と「怒る(叱る)女」は全然違う! この違いに気づいた男性は、結婚でも失敗していないはず? | citrus(シトラス)

教員はときに学生や生徒を叱ることがあります。叱ることは教育者の仕事の一つですから、控えるどころか、むしろ積極的に行わなければいけないかもしれません。しかし、学生や生徒の中には、「先生に怒鳴られた! 言葉による暴力を受けた!」と受け止める者がいます。彼らは、自分たちの非をかえりみることがなく、被害を受けたと感じるだけのようです。むだに被害者意識が強いというか、自分だけが正義だと勘違いしているというか、極端に視野が狭いというか。いずれにせよ、人生経験があまりに浅いくせに、権利意識だけが強いのが原因でしょう。

「怒る」と「叱る」は目的という点において、まったく違うものです。怒る行為の目的は自分を守ることにあります。怒る人はひたすら感情に任せて、自分が被害にあったことを他者に示したり、自分を正当性を主張したり、相手を罵ったりします。一方、叱る行為の目的は相手を守り、相手の成長を促すことにあります。叱ることで、相手に反省を促し、態度や行動の変化を求め、視野を拡大しようとするのです。

確かに怒りは何も変えないどころか、状況を悪化させるかもしれません。しかし、叱ることは社会を維持し、発展させることに貢献します。「怒る」と「叱る」の目的の違いを理解していない人たちが、教育が崩壊させ、最終的には、社会を崩壊させる可能性があります。近年、この2つの言葉を正しく使い分けている人を近年見なくなりました。それが社会の崩壊を暗示していることにならなければいいのですが。



相関関係と因果関係の違い [学問]

相関関係と因果関係の違いが一発でわかる具体例5選 | アタリマエ!

私もふだん授業で因果関係と相関関係の区別をきっちりつけるようにと口を酸っぱくして学生たちに話してます。

この2つの区別ができないと、他人を騙したり、他人に騙されたりすることが増えます。

教育の目的は、嘘が支配する社会を実現することではありません。真実と虚偽を切り分けられる能力を持ち、かつ物事をクリティカルにかつロジカルに捉えることができる人を育て増やしていくことです。そういう人間が増えていけばいくほど、民主主義社会における理念の実現可能性が高まるのです。少なくとも私はそう信じています。

腐ったりんご [学問]

あるクラスで、ひときわ態度の悪い女子がいます。授業中に堂々と、スマホを手に持ち、その手は肘をついた状態で、誰かとメッセージのやり取りをしているのです。机の下にスマホを隠していじっているような学生は時折見かけますが、堂々といじっているので人間性を疑います。

今日はその子にも指名して英語の文章を音読してもらったのですが、全然内容を理解していないことが明確にわかりました。やる気がまったくないようです。100分もの間、人形のようにひたすら椅子に座って、スマホをいじっているだけです。

今日は私が「では、今日はこのへんで終わりにしましょう」と言った瞬間に荷物をまとめて、誰よりも早く帰ってしまいました。近頃はそういう狂った学生がいます。私は医者ではないので、病人の生活指導をするわけにもいきません。それは完全に私の仕事の外にあります。精神的な病いを抱えている人は、注意したくらいでは治るものではありませんから、彼らが自らの意思で早めに病院に行くことを祈るしかありません。

その女子学生は、私の教え方への批判を態度で示しているのか、それとも私という人間への嫌悪感を示しているのか、それとも英語そのものが嫌いなのか、勉強そのものが嫌いなのか、皆目検討も付きません。この状態では、私の方ではどう対応していいのかわかりません。他の学生の態度は、特に変わったようには見られないので、私に非があるようには思えません。大学の中のしかるべき機関に相談しても埒が明かないでしょう。

同僚の教員たちからも、病的な学生の対応が辛いとぼやく人がたくさんいます。ほぼ毎日そんな話題になります。そういう学生に当たらない教員のほうが珍しいようです。昨日も韓国人の先生にぼやかれました。私の教え子以上にふてぶてしい女子学生のようです。「あまりに態度が悪すぎるので、おそらく病気だと思います。精神衛生上、相手にしないほうがいいですよ。さもないと先生のほうが体を壊してしまうので、とにかくその学生の存在を忘れてしまうことです」とアドバイスしておきました。「ええ、私はそんなふうにはまだオトナになれませんよ」なんて彼女は可愛いことを言っていました。私が大人かどうかは別として、大学生は自分で自分の面倒を見られるようになっていることが期待されているので、大学の先生が、親のような態度で接してはいけないと思います。「バカは落とす」「不良品は廃棄する」という態度でいいのです。

おそらく、態度の悪い学生たちにはどんな会社であろうとも就職することは難しいでしょう。私が面接官だったら、一発で彼ら彼女たちの本性を見抜きます。他者と目を合わすこともしないし、笑顔もいっさい見せないというのは、その人の人間性の低さの証明です。そんな人間性の低い人たちがそばにいるだけで、毎日がうんざりしてしまいます。

私だったら、どんなに美男美人であっても、すぐに選択肢から外します。私に対して敵対的な態度を示したり、授業の中で何かを学ぼうとする姿勢を示さないとか、物事を多面的に見ようとすることなく、自分中心にしか見ることができないとか、他者へのリスペクトがないとか、論理的思考力が欠如していたり、長期的視点がなかったり、借り物の言葉で自己アピールだけはしっかりするとか、自分自身の人生経験のバックグラウンドを評価する視点が持てなかったり、オトナとしての一般教養の知識(哲学、文学、政治、経済、法律、宗教、科学など)がなかったり、話題が乏しかったりすれば、それだけで、この人とは一緒に働けないし、働きたいとも思わないと感じます。私くらいの年齢になれば、ちょっと話しただけで、すぐに相手の人間性や能力を見抜く自信があります。酒と煙草と麻雀をやるのが大人の嗜みだというような考えは完全に時代遅れです。

病気の学生の病気を治すことは大学の教員の役目ではないので、そんな学生に対しては、「授業に無理やり来なくてもいいですよ。何回休んでも成績が良ければ単位は与えますから、授業に来たくなければ、自分で勉強してください」と言っておきます。

病的な学生が教室にたった一人いるだけで、悪い空気が伝染病のように広まって、教員の私だけではなく、他の学生にも悪影響を及ぼしてしまいます。誰の得にもなりません。公共の福祉の観点から、腐ったりんごはすぐに捨てるべきです。

もしかしたら、私を誹謗中傷した犯人は、この女子学生だったのかもしれません。すべてのクラスに敵が潜んでいるように思えてしまうので、今年はあと半年ずっとうんざりしながら授業をしつづけなければいけません。気が重いです。

教員の責任(役目)っていったい何? [学問]

教員の役目とはいったい何なのかという問題について、ここ数週間考えさせられています。

居眠りしている学生を叱ったり、プレゼンの内容がひどいことをたしなめただけで、学生のほうが教員から暴力を受けたかのような被害者ヅラして、誹謗中傷の文書を学校に提出し、教員の指導が悪いなどと主張する時代になってしまったのですから、もはや教育者は本来行うべき人間教育をしてはいけないのかもしれません。例の一件があって以降、私は教育に対する熱意を半分以上失いました。今後は可能な限り等価交換式の知識の提供だけで済ますつもりです。自己保身のためです。

教師が寝ている学生を起こしたり、たしなめたり、叱ったりすることの何がいけないことなのか、私には理解できません。それは法律に違反することなのでしょうか。あるいは、人道上、倫理的に、社会通念上、許されないことなのでしょうか。

たとえば会社で、部下が仕事中に仕事をサボり、居眠りばかりしていたら、上司は黙って見過ごすのが倫理的に正しい振る舞い方になのでしょうか。仕事をサボる部下は、自分には寝る権利があると主張し、自分を叱った上司をパワハラで訴えることが許されるのでしょうか。

教師にとって最優先すべき責任(役目)とは、生徒や学生にパブリックな場での振る舞い方を理解させること、そして他者をリスペクトすることを教えることだと思っていました。そういう人間を育成することが社会を維持発展させる基礎になるわけですし、教師が教え子を未熟なまま社会に送り出すのは、欠陥商品を欠陥商品であることを知りながら何食わぬ顔をして販売するような詐欺行為だと思っていました。しかし、現代の教師は、そのような詐欺師にならないと、自分の身を守れなくなっています。

先日、私の友人の韓国人(同僚の教師)が娘さんの通う高校に授業参観に行ってきた時の話を聞きました。信じられないことに、保護者たちが生徒の後ろで授業を見ているにもかかわらず、女子生徒の一人が大胆にも机に突っ伏したまま寝ていたそうです(この20年ほどの間に学校では見慣れた光景になりました!)。担当の先生は彼女を起こすと、女子生徒は「だって眠いんだもん」と先生に抗議しました。先生はヘラヘラ笑いながらそのまま授業を続けました。現場に彼女の親もいたはずですが、娘を叱るようなことはありませんでした。その上、他の親たちの中には授業中だというのに授業風景を見ることもなく他の親たちとペチャクチャと話をしている者もいました。そんな話です。(ついでに、娘さんがLINEのグループから外されてイジメられているという話も聞きました。先生は見て見ぬ振りをしているそうです。)

これが現代の学校の真実の姿です。完全に腐りきっています。授業参観だからといって、教師は叱ることを遠慮しているわけではなく、自分の身を守るために叱ることを避けているのです。いつ生徒がモンスタースチューデントになるか、そしてその親がモンスターペアレントになるかわかったものではありません。だからこそ、教師は自分に対する生徒や親の仕打ちをぐっと堪えて、苦笑いを浮かべながら、ゴミをゴミと知りながら、合格のスタンプを押してそのまま送り出すのです。あとは野となれ山となれ、と。自分が担当しているときに、トラブルが起きなければそれでいい、という話は、大企業でよく聞く話です。この手の「事なかれ主義」は日本の伝統芸なのでしょう。明らかにこれは日本の恥の一つです。

文科省がいくら熱心に教育改革を進めても(本当は仕事をしているフリなのでしょうけど!)、現場ではこういう状態になっているのです。これでは教育効果が高まらないのは当然です。原因は、教師が本来の教育をすることを許されず、生徒や親よりもはるかにか弱い存在になっていることにあります。学校内で何かトラブルがあれば、いくら生徒のほうが悪くても、教師のほうが悪者扱いされます。これはマスコミでおなじみのやつです。マスコミは詳しい事情を調べもせずに、思い込みだけで生徒を被害者にして、教師を一方的に袋叩きにするのです。そういうことを知っているからこそ、腹黒い生徒や学生、そしてその親は調子に乗って教育熱心な教員を叩くのです。

そういうわけですので、私はこれからは等価交換式の知識の提供をする仕事に専念し、授業中に学生がスマホをいじっていようが、反抗的な態度を取ろうが、見て見ぬ振りをして、今後一切、その学生を相手にしないようにするつもりです。これは自己保身のためです。余計なことはいっさい話しません。学生と仲良くなろうとも思いません。この教室の中には信用できない危険分子やスパイが含まれていると警戒しながら、嘘偽りの言葉で自分を守るしかありません。

もちろん、教えてほしいという態度を示す学生には、これまで通り熱心に指導します。しかし、そうではない学生は完全無視です。クソみたいな内容のエッセイを書いてきても、何のコメントもせずに、低い点をつけ、問答無用に落とすだけです。ゴミはゴミ箱に捨てましょう。ゴミに温情をかけてリサイクルしてたりリユースしたりすれば、余計にエネルギーがかかってしまうので、環境に悪いですからね。焼却炉で燃やして、きれいに灰にしてやるのが一番です。


共通テーマ:学校

非論理的=未熟:煮ても焼いても「食えないヤツ」ばかり [学問]

今週末は三連休だとマスコミは騒いでいますが、確かに三連休の人もいますが、そうではない人もいるので、「カレンダー通りに三連休を享受できる人もいるかもしれない」と慎重に表現すべきです。ほぼ確実に三連休になる人というのは、幼稚園児や保育園児、公立学校に通っている小中高校生などの子供が多いのではないでしょうか。近頃は大学は祝日も授業があることが多いです。私の場合は、土曜も月曜も仕事ですから、休みは日曜だけです。

土曜は関東地方に最強台風が襲撃してくる直前で、天気が大荒れになりそうだという予報が出ています。電車が止まる可能性もあるので、久しぶりにクルマで仕事に行くつもりです。当日はもしかしたら受講生が少ないかもしれません。そんな日に講座が開けるのか、開いてよいのか心配です。

論理的と理屈っぽいは違う。わかりやすく伝える論理思考:書評 | ライフハッカー[日本版]

「理屈っぽい」は自己満足にすぎず、「論理的」は他者にもわかるように話に道筋がついた状態であるという区別は、個人的には腑に落ちました。私は大学で学生たちをロジカルに、そしてクリティカルにものを考え、表現できるように指導しているのですが(文科省の要請ですよ!)、そういう趣旨が理解できないままモンスタークレーマー化する学生もいて、先週、そういう悪質な学生に苦しめられたという話はすでにブログで報告したとおりです。被害届を警察に出して、名誉毀損で訴えようかとまで考えたくらい落ち込みました。私の教育に対する熱意が完全否定されたわけですから、教える気がすっかり失せました。

先週のうちに、私を誹謗中傷した犯人は特定できたと思っていましたが、さらに2人、怪しい人物がいることに気が付きました。やはりネトウヨ的な思考をする学生です。プレゼンのときに私はいっさい学生を叱ったことがないと以前書きましたが、その二人だけは、否定的なコメントをしたことを思い出しました。

一人は、「日本は四季があるから最高だ」「世界一暮らしやすい国だ」と決めつける内容の発表をしました。理由はそれだけです。その後に「日本は暮らしやすいから最高だ」が続くだけです。完全な思考停止状態で、比較にも何にもなっていません。何らかの指標やデータを持ってきて、比較のポイントを明確に定めて、その観点で見ると、日本のほうが暮らしやすいかもしれないという結論を導き出せば、その主張は受け入れられる可能性もありますが、幼稚な日本のマスコミのように「日本は素晴らしい」といたずらに繰り返すだけなので、そのあまりに非論理的で自己満足的な思想を私はうっかり教室でくさしてしまったのです。

もうひとりは、あるスポーツ選手2人を比較し、両方とも世界一と言われているが、どちらが1番かという切り口で発表し、両方とも1番だという結論を出したのです。クリティカルにものを考えるという趣旨に沿わない発表に、思わず苦笑いが出てしまいました。小学生なら「かわいいね」で済ます内容ですが、さすがに大学生は大人ですから、許せません。

ふつうはプレゼン前の原稿チェックでその不備を指摘して事故を防ぐのですが、その子たちは休みが多かったり、話を聞いていなかったり、原稿を書いてこなかったりしていたために、惨劇を防止することができなかったのです!

このような比較対象は実生活に老いても、会社に入っても、当然ですが、役に立つことです。もし私を誹謗中傷した学生は、就職先で、他社の製品と自社の製品を比較し、どちらがどう違っていて、自社の製品に関して問題を見つけ、それをどう改善するかという内容のプレゼンをしなければいけないという状況になったら、どちらも素晴らしいという結論を出して悦に入るのでしょうか。コイツはアホすぎて、うちの会社にはいらないね、と追い出されるのが落ちです。

そもそもそんなふうにクリティカルにかつロジカルにものを考えることができず、文句ばっかり言っていると言われるのを避けるために(自己保身!)、ひたすら何かを素晴らしいと称えるだけの単細胞人を会社は求めているのでしょうか。

もしかすると、私を誹謗中傷した学生は、この二人の可能性が高いのではないかと怪しんでいます。私がこれまで疑っていた学生よりはるかに怪しいと思えてきました。

教員を誹謗中傷し、個人的な恨みで仕返しをする学生というのは、精神的にかなり未熟な学生です。教師がどういう意図で教育をしているのかを理解しようとできないのであれば、いずれどこかの会社に就職した際に、顧客の意図を汲み取れず会社に損害を与えたり、あるいは顧客や会社を誹謗中傷し、筋違いな告訴をしたりするのかもしれません。その手の危険人物は、会社にとっても最も打撃を与えるものですから、予め排除しておくに限ります。

教師の責任の一つは、彼らのような自己中心的で、自己満足的なアダルトチルドレンを社会に出さないようにすることです。この倫理上の前提が理解できず、個人的な恨みを教師にぶつけるようでは、彼らは今後も残念な人のままで生きていくのでしょう。そこまでくると、もはや私の責任ではありません。私が会社の社長なら、そんな未熟な従業員は絶対にいりません。いっしょに働きたくない人です。

敵を作らず、他人と友好関係を作るのが上手で(個人的な恨みを持たない!)、パブリックとプライベートの区別ができ(組織の理念や目標と個人の目標をそれぞれリスペクトする!)、物事を論理的かつクリティカルに思考でき(自分の考えを他者にわかりやすく説得力のある形で説明できる!)、問題点を発見し(観察力と分析能力がある!)、その問題点を改善できたり、既存のものの組み合わせを変えたりして、新しいアイデアを生み出せる(問題解決能力と創造力がある!)人物を、会社も社会も求めているはずですが、私を誹謗中傷した学生は、その対極にいることは明確です。つまるところ、アウトレット・ショッピングモールでさえ売り物にならないほどの欠陥商品であり、ただちにスクラップしなければいけない存在だということです。

正確なことはわかりませんが、世の中を見ていると、昔より今のほうが、その手の扱いにくい(分別のない)人間が増えて生きているのかもしれません。少子化とともに大学が過当競争化して、クズ拾いまでしなければいけなくなったせいで、大学の中で暮らす人間にはそう見えているだけかもしれません。これが日本全体で起きている現象だとしたら(よくモンスタークレーマーの話は聞くし!)、もはや日本は煮ても焼いても「食えないヤツ」だらけになってしまったように見えます。