So-net無料ブログ作成

「トヨタ」「ホンダ」「日産」の占い [雑感]



おもしろいなあ。クルマのことはお詳しくないようですが、かなり当たっている気がします。解釈の力でしょうが。

トヨタは安泰でも、ホンダ、日産は相当にやばいですよねえ。でも、日産は女性のトップにしたら・・・

最後のじゃんけんは、いつも「あいこ」になります。どうして?

元の生活には戻れそうもありません [雑感]

コロナ後、また「いつもの日常」に戻るのが辛くてたまらないあなたへ(御田寺 圭) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

(誰のために必要なのかわからない)スーツを着て、(人間とはいかにおぞましいものかを知ることができる)満員電車で押し合いへし合いを繰り返しながら、職場によれよれになってたどり着き、教室の前で深呼吸をして、一気にテンションを上げ、授業中は教師を演じながら(どうでもいい赤の他人のために)授業をする日々が茶番に思えてきました。

8月まではオンライン授業が続くことは決まっているのですが、その後、教室での対面授業が始まりそうです。でも、クレイジーな文科省の指導で、教員はマスクとフェイスシールドを着けて飛沫が飛ばないようにし、教室は換気のために窓とドアは開放されていて、我々は暑さも寒さも耐えねばならず、学生同士も前後左右1メートルずつ離れて着席し(人数を大幅に減らさないといけないかもしれません!)、できるだけ声を出すことを避けるという環境になるわけですから、語学の授業でもっとも重要なコミュニケーションはほぼ成立しなくなります。顔の表情やボディランゲージなどはすべて捨象された文字と音声のコミュニケーションになるのですから、ロボット同士のやりとりのようなことになりそうです。非常に居心地が悪いですね。

そんな思いをして茶番劇のような授業をするくらいなら、いまのままのオンライン授業をし続けたい気もします。

いまの生活が居心地が良すぎて、もとには戻れそうもありません。生きるために嫌いなことばかりしているから、私はつねに不機嫌なのでしょう。


在宅勤務がコロナ後も全然衰えなさそうな訳 | 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

残念ながら、経済学者は人間の感情の側面に着目できない人が多いですね。現在の働き方も、「働き方改革」後の働き方も、いずれも嫌だという気持ちを抱いている人の存在を無視しているのはなぜなんでしょう。彼らは視野が狭いのでしょうか。


マスクの不良品 [雑感]

アリエクスプレスで買った100枚のマスクのうちの1枚です。ほかをすべてチェックしたわけではないので、不良品はこれ1枚だけなのかわかりません。本当に検品しているんでしょうかねえ。検品した人の名前すら書いてないんですよ。さすがチャイナ・クオリティ。信用なりません。

th_IMG_20200524_081919.jpg


対人・対物の世界 [雑感]

「親友」と呼べる人は何人いる? | リビングくらしナビ

私にはFriendはたくさんいても、Close Friendは一人もいません。(学生時代には1人いました。)私同様に、半数の人は親友と呼べるのはゼロか、またはいても一人であるということを知り、安心しました。だからといって、それが自己肯定感を低めることもしないし、大人というのはそういうものだと昔から諦めています。

100人以上が魔女として告発された「セイラム魔女裁判」とは一体どんな出来事だったのか? - GIGAZINE

「魔女狩り」的なものは今も世界各地で多く行われています。要するに、集団ヒステリーなんでしょう。「集団」というのは怖いものです。また、異議申し立てをせず、根拠も問わず、「同調圧力」に屈するだけの姿勢も、魔女狩りを引き起こします。日本では、また一人魔女狩りによって亡くなりました。22歳の女子プロレスラーのことです。彼女はツイッター(私は嫌いだからやりません)で誹謗中傷を受け続け、悩んだ末に手首を切ったという噂です。「ワイドショー的な正義」(根拠の薄弱な正義)が横行している現在、安手の道徳やプログラミングではなく、小学校から「哲学」を学べる機会を与えるべきでしょう。ネット上で子供のイジメのようなことばかり繰り返している阿呆な大人を再教育しないといけません。

私が安倍総理を批判するのは、イジメではありません。私は政府にイジメられている側ですし、民主主義的な社会を維持発展させるために必要だという大義名分がありますで。私は権力者でもないただの個人(たとえば芸能人)に対して、「お前は不道徳だ、気持ち悪い、死ね」とかそういうことは書き込みません。人間として当たり前ですね。魔女狩りをするような胸糞悪い連中は、ミイラ取りがミイラになったようなもので、彼らこそが魔女であり、彼らこそが火あぶりの刑に処せられるべきです。

“Excelで”ピアノに変身させた逸材あらわる! Excelで打ち込んだ『涼宮ハルヒの憂鬱』劇中歌の演奏に「変態だあああ」「感動しました」と驚嘆の声

こういう天才的な暇人が世界を明るくしてくれるんですね。

アラフィフになるとイライラ、落ち込み…不調の原因は?(All About) - Yahoo!ニュース

私の女性の友人で、私がふさぎ込んでいることが多いのをからかって、「男性の更年期でしょ」とバカにして笑う人がいます。「更年期」という言葉はオバサンを嘲笑するために、都合よく使われてきた言葉だから、イライラしたり、ふさぎ込んでしまう男性(私!)を見つけて、格好の餌食にし、憂さ晴らしをしたいようなのです。しかしながら、私は子供の頃から鬱っぽいし、すぐにイライラする性格で、殴り合いの喧嘩もしたことがあるくらいです! となると、私は子供の頃から「更年期」ということになってしまいます。定義上、不正確です。世の中には、彼女のように、なんでも「決めつける」人がいます。「あなたは血液型が何型だから、こういう性格でしょう」とか根拠もなく、他人の言動を制限しようとするのです。そういうのはなぜか女性に多いようです。決めつけになるかもしれませんが、私個人の経験だけが根拠ですから、不正確かもしれません。

養老孟司氏、「将来の夢はYouTuber」の子供達に伝えたいこと|NEWSポストセブン

「YouTuberになるのは結構だけど、君たちは『対人の世界』から出て、『対物の世界』に目を向けてみようよ」という、養老先生からのありがたいお話です。心が救われます。人間はろくでもない生き物ですからね。昔、『バカの壁』で有名になるずっと前に、養老先生のことは作家の島田雅彦との対談で知りました。もう30年くらい前の話です。そのときからのファンでです。養老先生は唯脳論の人で、簡単に言うと、人間をモノとして捉える人なのです。マルクスの唯物論を脳に置き換えただけかもしれません。そういう考え方を知り、もしかしたらこの考えは私を煩わしい人間関係から逃れさせてくれる可能性を与えてくれるのではないかと思った記憶があります。結局は、「しがらみ」からは逃れられないことを思い知らされたわけですが。
コロナが露わにしたビッグ・データという幻想 | コロナショックの大波紋 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「ポスコロ」の世界は、以下の4つに集約されるという予想です。

(1)「都市集中型」から「分散型システム」への転換
(2)格差の是正と「持続可能な福祉社会」のビジョン
(3)「ポスト・グローバル化」の世界の構想
(4)科学の基本コンセプトは「情報」から「生命」へ

3つ目まではわかりやすいし、その通りだと思いますが、4つ目はどういうことなのでしょうね。感染症の拡大から、人間というものは情報ではなく、物質から構成されていることを改めて思い知らされたということでしょうか。そんなことは、別に目新しいことではない気がしますけどね。

この数ヶ月、行動を制限され、イライラが溜まっている人が多いはず。なんの記事だかメモして置かなかったから忘れましたが、そのイライラが向かう先は3つあるとのことです。1)他人、2)自分、3)社会です。その記事には、そういう3パターンが有ることをメタレベルで認知すればイライラを抑えることができると書いてあった気がします。イライラをないものにしてしまうことが目的ならばそれでいいでしょう。でも、それでは現状が維持されるだけです。何の変化も起きませんから、また同じことの繰り返しがあって、イライラするだけです。イライラの根本的な原因は、自分の中にあるわけではなく、他人や社会にあることが多いと思いますけどね。私のイライラの矛先は社会に向かう癖があるのは自分で知っています。でも、社会に対する怒りは消えません。




時事ネタ占い [雑感]



なんだかわからないですけど、おもしろいです。時事ネタ占いという新鮮なジャンルがあるんですね。

桜を見る会問題で、おじいちゃん的な存在が逮捕される可能性があるそうですが、誰のことでしょう?

安倍じいさんだといいなあ。





共通テーマ:占い

内閣支持率27%に急落(目出鯛!) [雑感]

内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査 - 毎日新聞

早く、この男はこの世から消えてほしいです。

これほど虫の好かない人間は(トランプ以外には)いません。

このバカがさっさと辞任してくれれば、わたしの7年間にも渡る鬱状態もきれいに吹き飛びます。

このバカは「自分(民主的な手続きで)選ばれた」とほざきましたが、だからといって何をしてもいいわけではないことがわかっていないのが腹立たしいのです。

DV夫が妻に向かって、「お前は俺を選んだから何でも言うことを聞け、俺の言うことに逆らうな」と言って人権侵害をしたら、刑務所に打ち込まれます。それと同じ犯罪行為を安倍は7年にもわたって国民にやってきたのです。

アベノマスクなんか、すべて安倍に送りつけて466億円で買い取ってもらいましょう。


私はルイ16世ではない [雑感]

「朕は国家なり(L'État, c'est moi.)」と言ったルイ14世になぞらえ、絶対主義的な姿勢を検察OBに非難された安倍ちんは、「私はルイ16世と同じではない」と国会で反論したそうです。

とんちんかんな安倍らしい発言ですが、安倍はお笑いコンビの髭男爵の山田ルイ53世に扮して、「私はですねぇ、トランプ大統領と電話で会談したのですが、ルイ14世というよりですねぇ、フランス革命で処刑されたですねぇ、16世のほうに近いということで、意見が一致しました。」と反論すべきでした。この後、マリー・アントワネットみたいな暴走夫人とともに断頭台に送られる運命なんですからね。神妙にしたほうがいいです。

安倍はまた「私は選ばれた人間だ」と発言したそうですが、国民が直接選んだ大統領とは違って、国会議員が間接的に選んだだけですから、そこまで威張るのはおかしいんですけどね。そういう発言されると、無性に腹が立ちます。この7年間、安倍にはむかつきっぱなしです。「アベノセイダー」と揶揄されようが、嫌いなものは嫌いなのです。たとえば飲み会に行って自分が注文したわけでもない嫌いなホヤを誰も手を付けなかったために、もったいないからお前が食え食え、と7年間毎日朝から晩まで言われているような感覚を味わっているのです。「てめー、ぶっ飛ばすぞ、コラぁ!」


映画「インクレディブル・アキエ - 制御不能の暴走夫人」予告編 [雑感]



アベノマスク2枚の自民党が送る映画「インクレディブル・アキエ - 制御不能の暴走夫人」予告編。

こういう動画は英語版を製作して、世界に広めてほしいですね。

それにしても、日本憲政史上、ここまでバカにされながらも、かつ支持された宰相はいないのではないでしょうか。



マスク2枚!

ほんとうに映画化してほしいです。マスク2枚で日本の危機を救おうとした政権の映画を。

救済措置のショボさに見合うように、パラパラ漫画品質の映画で十分です。

共通テーマ:映画

内田樹──「あそび」のないシステムは脆弱です【GQ JAPAN連載特集:希望へ、伝言】(GQ JAPAN) - Yahoo!ニュース [雑感]

内田樹──「あそび」のないシステムは脆弱です【GQ JAPAN連載特集:希望へ、伝言】(GQ JAPAN) - Yahoo!ニュース

「遊び」こそが文化です。遊びは余裕そのものです。(労働だけしていて)余裕がない社会は文化も滅びます。文化のない社会は、心の隙間を埋められない貧しい社会になるわけです。人々の心が荒(すさ)んでいけば、人は社会的な利益ではなく、自分の利益しか考えなくなります。他人のことを考えたり、共感・同情できる社会というのは、心にもお金にも余裕のある社会です。それがなくなれば、お金が回らなくなって、結果、経済が崩壊するのでしょう。「風が吹かなければ、桶屋が倒産する」って感じですかね。

「コスコロ」(ポストコロニアリズムではく、ポストコロナの方ですけど)時代は、他者(国家もね)を信じられなくなる時代ですから、当然ですが、他国も信じられず、結局、自給自足のライフスタイルが流行するのでしょう。

この状況を受けて、近年の経済学の考え方の見直しが始まるかもしれません。経済学の常識の一つに「比較優位」があります。全部自分でやってしまうのは効率が悪いし、生産性が低いので、その作業が得意な人に仕事を任せるというやつです。家事が得意な妻に、家事の全てを任せて、夫は外に仕事に行くというあれですね。これからはそういう考え方のほうがバカにされる時代になるに違いありません。ジェンダーフリーの時代ですしね。

自分が得意ではないものは、得意な人に任せるというアウトソーシングの考え方は、他者との信頼関係を前提にしています。しかし、コロナによってその信頼関係が完全に崩壊したのですから、何でもアウトソーシングするのは、逆に生産性が低くなる可能性が高くなります。江戸時代のような半鎖国状態に戻るしか、もはやポスコロ時代をサヴァイヴすることはできないと思います。

モノが必要なときに必要な分だけ作るという効率性優先のトヨタの「かんばん方式」は、もしかしたら、どこかの誰かに(信頼という依存を前提に)犠牲を強いていたのかもしれません。やはり、ある程度在庫を抱えておくという無駄がないと、何かあったときに対応できないわけです。クルマなんかだったらどうでもいいかもしれませんが、食料であったり、感染症予防のマスクであったりしたら、命に関わります。そういうところに目配りをしてこなかったような効率優先の、遊びのない社会から先に滅んでいくのでしょう。

その意味では、日本なんか、真っ先に滅びますね。「選択と集中」とか、いまだに時代遅れの考え方を振り回しているアホみたいな経営者が圧倒的多数ですからね。

我々はもっと遊んで見聞を広め、教養を深めて、政治や文化についての無駄話しないと、ますます、経済が悪化していくと思います。

話が急に飛びます。「芸能人は芸能の専門家で、政治の専門家ではないんだから、黙ってろ!」というバカが一定数いて、呆れます。「だったら、おまえら、教育の専門家ではないんだから、学校教育に関して一切口出しするな。インターネットの専門家でもないんだから、ネットもするな。高校野球の専門家ではないんだから、高校野球についてもコメントを控えろ。芸能の専門家もないんだから、芸能人について一切コメントするな。お前らだって政治の専門家ではないんだから、選挙にも行くな。奴隷にでもなってろ、バカ!」と言い返したいですね。自分の中のダブルスタンダードに気づけないほどのバカは再教育が必要です。

我々の民主主義社会の教育は、自分の専門でもないことでも考えを言えるようになることですから、それを放棄するということは、我々の社会に否定することです。そういう奴らはまさに「反社(反社会的存在)」です。われわれの社会に、彼らのような「脳無し」を再び包摂するのであれば、彼らへの再教育が必要です。


「国立大学法人化は失敗だった」 有馬朗人元東大総長・文相の悔恨:日経ビジネス電子版

失敗どころか、大失敗ですね。日本の経済的没落は、そこから始まったと言っても過言ではありません。研究者が研究できない、研究者を育てない、研究者に研究ではなく、研究資金の競争に明け暮れさせるようなシステムを作ったのは、競争原理で活性化させることができると信じた新自由主義者に洗脳された阿呆な小泉純一郎元首相です。彼もまた安倍同様に万死に値するんです。



フェイク予告まとめ動画② - 安倍ンジャーズ編! [雑感]



安倍は国民を倒そうとしているのか。

「ニッポンを、ぶっこわす!」