So-net無料ブログ作成

「老害」という言葉 [雑感]

昨日、電車の中で女子高生が「老害」という言葉を使っているのを聞きました。音声として聴いたのは生まれてはじめてだったのでびっくりしました。同時に落胆し、憤慨を覚えました。

「老害」という言葉は、文字ではよく見ますが、パブリックな場で、年長者を軽蔑、侮蔑するために使ってはいけない言葉です。そのような言葉を使えば、人間としての品格が大いに疑われます。

彼女は自分に対して有害な存在、自分の存在を脅かす存在を「老害」と呼び、友人からの共感を得て、溜飲を下げているのでしょう。しかし、そのような態度を電車の中というパブリックな場で示すことは、自身の人間性の低さと知性のなさと視野が狭さを世間にさらしてしまうことになるのです。極めて恥ずべき行為です。

あと20年もすると、彼女も、自分の子供みたいな若者から、「くそババア」とか「老害」とか呼ばれることになります。侮蔑や憎悪に満ちた環境を自ら作り出すことに貢献し、現在の行きづらい社会をよりいっそう行きづらくしようとしているのですから、残念です(It's a shame!)。

他者を軽蔑したり、差別したりすることを理想とする社会を実現することが国民の総意として、日本国憲法にも書かれているのであれば話は別です。しかし、そんな社会を理想的だと思う人がどこにいるのでしょうか。どこにもいないはずです。

誰もが暮らしやすい社会を作ることが我々の責任です。その責任を放棄するその女子高生に未来はあるのでしょうか。彼女こそが、さらに下の世代の子どもたちにとって、いままさに「老害」そのものです。


防犯対策 [雑感]

【注意】玄関ドアにセロテープが貼られていたら、あなたの家は空き巣に狙われているかも? | 防犯メディア – Moly.jp(モリージェイピー)

20年前、アパート暮らしをしていたときに私も空き巣に入られ、パソコンを盗まれました。レターケースと玄関に、見慣れない目印が鉛筆だかペンで書かれていたのを覚えています。空き巣とは関係がなかったのかもしれませんが、気になりました。いまはテープを貼って目印にするということもあるのですね。

私が空き巣に入られた当時はドアの鍵を棒でこじ開けるピッキングという手口が流行っていました。しかし、私の場合はドアに施錠をするのを忘れて旅行に行ってしまったということが原因だったかもしれません。警察の現場検証ではピッキングの痕跡がなかったと言われたからです。いまだに疑っているのですが、犯人は新聞配達員ではないかと思っています。被害があった翌日に、新聞屋に事情を知らないかと聴いたところ、その新聞配達員は仕事をやめて実家のある北海道に帰ったというのです。警察には報告しませんでしたが、いまだに私は彼が犯人だと思っています。

昨今は、防犯カメラがついていても、防犯カメラにテープを張って目隠しをして、泥棒をするような人もいるようです。ここ数日、立て続けに、テレビでラーメン屋への空き巣被害のニュースを見ました。店主は営業終了後に現金をコンビニのATMに入れて帰る手間を惜しみ、店内の金庫に保管していたそうです。店主が適切な防犯対策をしていなかったことが信じられません。また、シャッターや窓に、「夜間は店内に現金を保管しておりません」とでも書いて貼り紙をしておけば、強盗も侵入することをためらったはずなのにと思います。

我が家は、先日防犯カメラを新調しました。センサーライトも以前から2つもつけています。玄関ドアにステッカーも2枚も貼っています。一階の裏窓には、センサーブザーもつけています。外出時は必ず1階の窓はもとより、3階の窓までしっかり施錠します。それでも、20年前のアパートでの空き巣被害を思い出して、不安になります。


首里城の被害を拡大させたのは「安すぎる入場料」? [雑感]

首里城の被害を拡大させたのは「安すぎる入場料」だと考える、これだけの理由(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース

「これだけの理由」というのは、英語にどう訳せばいいのか、私にはまったくわかりません。「5つの理由」とかだったら、すぐに思いつきますけどね。

それはさておき、日本は労働者の賃金が安く、物価が安いというのが、諸悪の根源だと言われます。1960年代初期の池田勇人内閣のように、「所得倍増計画」でもするしかないのかもしれません。政府の圧力で給料を二倍にさせれば、物価もそれに応じて上がるはずです。超インフレになって、日本経済は逆に滅びるかもしれませんけどね。というか、二倍の給料を出せる企業はないでしょうけどね。

人間なんて、どう生きようが勝手ですからね [雑感]

ヒロシが1人で生きる術伝授、9月に山購入「47歳独身。今が青春、ときめいている」 (お笑いナタリー)

人間なんて、どう生きようが勝手ですからね。

誰かと同じコースを歩む必要なんかありません。

この頃他人と比べて落ち込んでいる自分自身にそう言い聞かせたいです。

私も山を買って、木こりをしたり、農地を開拓したり、小屋を作ったり、猟師をしたいです。

英語試験延期は城井崇議員の大金星。萩生田大臣には改革を期待 – アゴラ

萩生田光一文科相は、英語教育の救世主です。彼を辞任に追い込もうとしている野党は許せません。責めるべきは、文科省の官僚と、下村博文と上智大学のあの人です。

オンライン英会話を始めるにあたって知っておきたい効果的な受講方法 | English Lab(イングリッシュラボ)┃レアジョブ英会話が発信する英語サイト

1ヶ月8回のレッスンで4000円台ならいいですね。お友達がいないので、私もやってみたいです。

「体育の授業が苦痛だった」という人々の声「バスケは地獄」「体育教師は運動の楽しさを教えていない」 | キャリコネニュース

主要な5教科に成績をつけることは当然ですが、そもそも、体育、音楽、美術(図画工作)、家庭科などに成績をつけること自体がおかしいと私は何十年も思っています。そういう趣味的なものに成績をつけるなんて、アーティストに級とか段を与えるようなものです。バカバカしいとは思わないのでしょうか。この頃では道徳の授業まで成績をつけるそうですから、まったく呆れたものです。文科省はクレージーな人しかいないのでしょう。

修学旅行や林間・臨海学校は「しんどい」? 負担感は教員9割近く、保護者の間にも賛否 (京都新聞)

修学旅行は、日本がまだ貧乏だった頃に始まったものです。もはや時代に合わないものですから、そろそろ止めたほうがいいと思います。家族旅行で十分です。目的が集団活動を通して協調性が身につけるだなんて、おかしいですよ。そんなもの旅行なんかしなくても、ふだんの授業で身につくはずです。それでも身につかないのであれば、修学旅行でも身につくわけがありません。言うことを聞かないクソガキどもを引率することは教師にとっても大きな負担でしょうし、生徒にとっても、それ以上に大きな負担です。うちの子供はアレルギーがひどく、旅館の布団(ダニとホコリ?)のせいで喘息のようになってしまい、たいへんな思いをしました。生徒の命や健康を守るためにも、不要不急の外出は避けるべきです。集団で移動すること自体がリスクです。

眠りにつく時、落下するように感じるのはなぜ?|特集|Culture|madameFIGARO.jp(フィガロジャポン)

面白いですけど、よくわかりませんね。

話を英語学習に戻しますが、この20年の間に英語の授業を会話重視にしたのは、逆にグローバル化に対応することを阻害することになったという反省を込めた分析を文科省の口からそろそろ聞きたいものです。

英検の2級や準1級くらいまでの面接試験に合格するためなら、別に、会話重視の授業を受けなくても十分です。会話表現は、英語の小説をたくさん読めば自然に身につきます。近頃は「多聴多読」をすすめる英語教師もいますが、彼らの言うとおりです。会話表現ばかり身につけようとしているうちに、知的レベルの高いものに触れる時間を奪われているのが現状です。かつてのように会話表現がたっぷり入っている小説や演劇や映画のシナリオなどを読むことを通じて自然に身に着けたほうが知的レベルが向上します。三流の教科書作成者によって書かれたつまらないスキットを通じて会話の練習をするより、一流の作家の文章を読むほうが遥かに知的好奇心が刺激され学習意欲が高まります。いまの教科書はバカバカしい会話文やエッセイを読むだけなので、実際に使えるフレーズがほとんどないんですよね。

結婚後も受け入れがたかった「私と夫の食生活習慣の違い」…味つけから品数まで(kufura) - Yahoo!ニュース

本来的に日本文化が多様であることがわかります。地域によって、または個人によって、味の好みも違いますし、食事のときのマナーも大きく違います。日本人が単一民族とはいえない証拠かもしれませんね。一時期、学校教育で多様性に満ちた日本人の習慣を統一しようとしましたが、結局の所うまくいかなかったわけです。それでいいのでしょう。


信用できない話 [雑感]

大学入学共通テストへの英語検定試験の導入は2024年度以降になるそうですね。2024年だとすると、うちの次男はギリギリ現在の制度で行けます。この問題に関して「身の丈発言」の萩生田光一が悪いわけではなく、もっとも悪いのは、この制度を導入しようとした元文科大臣の下村博文です。彼は一端(いっぱし)の教育の専門家のつもりですが、教師をしたことさえないのです。そんなエセ専門家に何がわかるのでしょうか。インチキ専門家によって、日本の教育は改悪されまくりです。道徳の授業を点数評価するとか、その無見識は信じられません。下村博文はもやは人間ではないのではないかと思います。教育を新興宗教みたいに思っている感覚の大臣とか官僚にはほとほと呆れます。

あるはずの無い山小屋 | まやまブログ@山岳救助隊

具体的に山の名前を書いていないから、作り話なのでしょうけど、なかなかよくできた怪談話です。

「日本は26位に転落」一人当たりGDPの減少に見る日本経済の処方箋(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

日本はもう「先進国」じゃない!輸出急減、賃金・年金低下、労働生産性最下位、AI分野は置いてきぼり・・・ : J-CASTテレビウォッチ

経済評論家の伊藤洋一氏は「一人当たりGDPで見れば、まだ日本は豊かだ。中国を恐れるべきではない」とおっしゃっていますが、その「一人当たりGDP」さえも年々下がってきているようです。原因は、足を引っ張る地方経済と年金暮らしの高齢者とのこと。だからといって、地方と高齢者を切り捨てろというのであれば、ますます日本は衰退するはずです。市場が消えるわけですからね。

ハロウィンで今年も大混乱?日本の青年層の知性の低さに絶望/古谷経衡 | 日刊SPA!

子供の遊びに興じる若者の知的レベルはあまりに下がりすぎですね。こういう話を授業中にすると授業評価で「雑談が多い」と書かれます。切り捨てるべきは、本当に地方と高齢者なのか。知的レベルの低すぎる若者もバッサリと切り捨てるべきではないかとさえ思ってしまいます。

激安タイヤはアジア産が多い タイヤの価格によって性能の違いがあるのか - ライブドアニュース

うちの車はハンコックやクムホではない、ドバイのメーカーの激安タイヤを履いています。もう2年半経っていますが、問題は一切ありません。タイヤの減りが早いわけでも、雨の日に滑るわけでも、パンクしやすいわけでもありません。国産メーカーと変わりありません。この記事の文章には「〜のようです」という語尾が多く、科学的な見地から書かれているものでも、経験から書かれているものでもなさそうです。著者の書き手は日本の自動車評論家ですから、タイヤメーカーに忖度する記事であることは明白ですね。激安タイヤよりも、この自動車評論家のほうこそ信用できません。

東京新聞:東京ゼロメートル地帯の5区 台風19号で250万人避難検討したがパニック恐れ公表せず:社会(TOKYO Web)

住民をパニックにさせないように事実を公表しない(嘘をつく)方法は、311の原発事故のときの民主党政権と同じです。自民党が政権を握っていようが、それ以外の政党が政権を握っていようが、関係ありません。権力者はいつもウソを付くのです。

なぜ食べログは嫌われるのか? 飲食店で実名で批判する実情 | 日刊SPA!

世の中にはいろんな満足度ランキングに溢れていますが、どれもこれもインチキにしか思えません。数字化すれば、占いのレベルから、統計学的なレベルに上がったかのように思えますが、実のところ、テレビショッピングの番組の下の方に表示されている「これは個人の主観です」と同じです。信頼してはいけません。特に、味覚を含め「感覚(senses)」というものは、個人によってだいぶ違うので、それを数値化して、平均点を出しても、意味がないのです。そういう根本的な事実を見ないようにし、あたかもその評価ランキングが信頼できると錯覚していること自体が、その人が自分の頭でものを考えていない証拠です。

音楽でも同じことが言えます。演歌の大好きな人が、特定の歌手のことをいくら素晴らしいと褒めても、演歌の嫌いな人は、まったく評価しません。1から5のスケールで、その演歌歌手に前者が5点をつけ、後者が0点をつけたら、平均点は2.5です。そういう数字を信用していること自体が愚かです。授業評価も同じです。学生たちに授業の満足度を数値化してもらい、一定数のサンプルの平均値を出せば、優れた授業なのか否かを算出できるという発想を悪用するのがこの時代の忌まわしい趨勢のようですが、もうやめにしてもらいたいです。まったく無意味です。大学の授業評価も、私にはまったく評価できません。バカバカしいし、教員のやる気を失わせるだけです。客観的に出せる学生の成績とは全く位相の違うものです。

茶臼岳~朝日岳登山ルート「那須ロープウェイを利用してニセ穂高とも呼ばれる岩峰へ」(エイ出版社) - Yahoo!ニュース

いろいろと登りたい山はありますが、一緒に行ってくれる人がいないのが、悩みのタネ。一人でいくのはさびしいですからね。

猪瀬直樹元都知事が五輪招致でついた「温暖」「理想的」の嘘を問われ「プレゼンなんてそんなもん」 柳澤秀夫が怒りの反論|LITERA/リテラ

ことの発端は、元東京都知事の猪瀬直樹(石原慎太郎も)が嘘をついたことです。8月の東京は温暖だとか、東京にはお金がたんまりある言って、IOCを騙したことがこの混乱の原因です。IOCもわかっていて騙されたのでしょうけどね。結局、騙したつもりが騙されたというよくある話です。因果応報、自業自得ですね。五輪招致に積極的だった東京都民もマスコミも同罪ですよ。私はいまだに東京五輪に反対しています。私の見方からすると、小池都知事は犠牲者の一人ですね。最大の犠牲者は、この費用の負担を税金で肩代わりする日本国民です。しかも、嘘つきな国民というレッテルも貼られるのです。日本というのは世界中でいい笑いものになっているのですよ。こんな五輪にお金をかけて、原発事故の被災地の復興を阻害するのではなく、原発の廃炉、自然エネルギー活用にお金をつぎ込むべきでした。長期的なビジョンがない人が為政者になると、ろくなことはありませんね。五輪後は、大不況に襲われるともっぱらの噂ですが、その元凶を作ったのは、猪瀬直樹ということになります。

休日は平日より忙しいですね。 [雑感]

今日は休日になったので、朝一番で昨日行った中間テストの採点をしました。エッセイを読むのは面倒なので、後回し。

その後、2ヶ月ぶりに散髪してきました。消費税増税による便乗値上げ(?)で、10年前に比べて400円も散髪代が上がってしまいました。びっくりです。給料がその分上がっているわけではないので、これからは1000円カットにでも行こうかと思います。

帰宅後、衣替えをしました。衣装ケースから冬物を出して、夏物をしまいました。

きれいに片付いたあと、夕飯の買い出しに行き、キムチ鍋の材料を買っていました。

次男と妻が寝ている部屋の床がボロボロにささくれだっているところを発見したので、パテで穴を埋めて、それ以外のところは専用のオイルを塗っておきました。

水槽の掃除もしておきました。


子供部屋おじさん? [雑感]

西島和氏「八ツ場ダムが利根川を守ったというのは誤解」|日刊ゲンダイDIGITAL

誤解というか、大嘘です。自民党の土建政治を肯定するためだけのデマですね。途方も無い金額の税金が投入される巨大プロジェクト(公共事業)がきちんと国民のためになっているのかが科学的に検証されてもいないのに、八ッ場ダムが東京の洪水を防いでくれたと無批判に主張するのは無教養の現れです。馬鹿にされるだけですから、そういうことを主張するのはやめたほうがいいです。

佐倉冠水の構造的背景 「ボトルネック」印旛沼と東京の空の玄関の孤立危機(1/7) | JBpress(Japan Business Press)

やはり人災ですね。水害のリスクを考慮に入れずに、人口増加に対応するために印旛沼を埋めてしまい、溜まった水を排出することも検討しなかった行政は徹底的に批判されるべきです。

子ども部屋おじさんと揶揄する人に欠けた視点 | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

昔、「パラサイト・シングル」という言葉が流行りましたが、今回もあれと同じで、高度成長期のように核家族化を促進して、消費を増やそうという魂胆がミエミエ。しかし、実質賃金が減っているので、その目論見が達成できないことははっきりしています。本来批判されて叱るべきは、親と同居するせざるをえないくさせている労働環境を作り、国民生活を窮乏させることしか考えていない企業と政治家の怠慢・無作為のほうです。


上田氏当確 [雑感]

朝、犬の散歩がてら、投票所に足を運びました。投票は民主主義社会を維持する「市民」のお勤めです。さもなければ、奴隷であることを認めてしまいます。市民しての矜持を示すためにも、選挙には行くべきです。

今日は参議院の補欠選挙の日でした。4期16年埼玉県知事を務めていた上田清司氏(旧民主党出身)が後輩の元参議院議員の大野元裕氏(国民民主党)に県知事の座を譲ったので、その空きを埋めるために行われた選挙です。

私が投票を済ませた時点で投票者数は28名ほど。投票率は0.07%でした。私はクレージーなN国党の立花氏ではなく、「上田きよし」と書いて票を投じました。

その後、犬のところに急いで引き返すと、私より先に出たおばあさんが、入り口に立っていた若い女性に呼び止められました。

「NHKのものなのですが、出口調査を行っておりまして。」

おばあさんは、「あの、今日はね、あれね、ちょっとね」と口ごもって、誰に入れたのか答えにくそうにしていました。

私はその間、別のおばさんに「この犬は何歳ですか」と声をかけられました。「もうすぐ9歳で、もうおじさんですよ」などと軽口を叩いているうちに、出口調査の人から離れてしまい、声をかけられる貴重なチャンスを逃してしまいました。

それにしても今回の選挙は選択肢がないも同然です。立花氏は、「NHKをぶっ壊す!」というキャッチーなことを言いつつ、ポスターには「ベーシックインカムを導入する」と書き、私の嫌いな堀江貴文を支援を受けているようなことを書いていました。堀江が、ベーシックインカムに乗り気であるなんて話は聞いたことがないので、どうせ全部口から出任せなんでしょう。N国党の候補者は誰一人まったく信用できません。埼玉県知事として失政がなかった上田さんが当選してよかったです。

最終的な投票率は20%くらいらしいです。最初から結果がわかっている選挙だと受け止めていた有権者が多かったのかもしれません。

「ゲリラ豪雨ではダムは機能しない」 [雑感]

「ゲリラ豪雨ではダムは機能しない」 間違いだらけの水害対策 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

ネット民は単細胞だから、ダムのおかげで洪水を免れたと信じている人がけっこういるみたいですけど、都市型のゲリラ豪雨と山間部のダムは関係がいないので、ダムが必ずしも洪水対策にはならないというのが正しい見方だと思います。因果関係と相関関係の区別ができない、ダムの機能や、自民党の土建ファーストを過信している人たちというのは、非論理的な人たちなのでしょうね。